タグ:明治の建築 ( 37 ) タグの人気記事

京都で現存最古の洋風商店建築
近代建築が多く残る三条通にこの中でも古い煉瓦の建物がある。明治の中期に時計店として建てられたハイカラな建物。設計者は解っていないが日本人大工が洋風建物を見よう見まねで工夫して造ったようだ。木造の骨組みに煉瓦や石を貼りつけた造り方で仕上げられている。
現在は衣料品のショップとして使われているが、外観は時計店と云う事で重厚感・・・最初は中央に一段高く時計塔があったと聞く。
店内に入ってみると100年以上経過しているのに、内部が殆どそのまま残っている事に驚いた。右手に大きい金庫室、左側の店内中央には二方向から上がる華麗な木製の螺旋階段。階段が美しいので店内の装飾物のようなの役目も担っている。この階段は恐れ多くも使って良いそうで、そろりそろりと2階の売り場へ上がる。1階2階の天井と壁の境目の装飾も、階段踊り場のカーテンボックスもたぶん建った頃のままで今、ショップとして使われている。何度も店子は変っているが、オーナーの考えがしっかり貫かれているからだと思う。

所在地:京都市中京区三条通富小路東入中之町23
建築年:1890年(明治23)
構 造:木骨煉瓦造
設 計:不詳
国登録有形文化財
京都市民が選ぶ文化財(第1号)

f0374868_10084193.jpg
見ていてなぜか落ち着かないと思ったら中央のアーチを支える柱が無い。洋風建築のアーチは根元を柱で支えてあるのが普通。
ここではアーチの下は曲面のガラス、ショウウインドウがあるのみ。和式工法の梁でこの大開口を支えてあるのかな~。


f0374868_10085566.jpg



f0374868_10092585.jpg



f0374868_10094828.jpg




f0374868_10210982.jpg



f0374868_10212644.jpg




f0374868_10055442.jpg



f0374868_10061287.jpg



f0374868_10062576.jpg




f0374868_10063955.jpg

これはガラスウインドウのカーブ部分の桟の頭(柱頭)



f0374868_10070776.jpg




f0374868_10072353.jpg

右奥の金庫室の扉には全体に絵が描かれていて閉じると一つの絵画のようになる。


f0374868_10074400.jpg

外が暗くなると店内が美しく浮かびあがる。ステンドグラスも透かし彫りの欄間も昼間より数段映え、店は生き返ったよう。






[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-11-13 12:00 | 京都府

西本願寺伝道院

東洋と西洋の建築、始発点は同じだという挑戦
京都の中心部、仏具店が軒を連ねる門前町に一風変わった建物が見えてくる。伊東忠太の設計による、真宗信徒生命保険の本館として建てられたもの。
伊東忠太は法隆寺とパルテノン神殿は始発点は同じ兄弟であるという「法隆寺建築論」を明治26年に建築雑誌に発表した。パルテノン神殿は木造が起源である事は今定説になっているが、日本の伝統的な木造建築も石造(煉瓦造)に進化できるはずだと考えた。同じような考えを持つ門主・大谷光瑞の支持を得て実験したのがこの建物だという。随所に見られる木造を石造に置き換えたような造りはこの結果である。
伊東忠太は1902年(明治35)から3年かけてアジア欧米を行脚し各地の建築物を研究し、20世紀はじめに大谷光瑞は仏教伝来の道筋を探るべくアジア各地へ探検隊(大谷探検隊)を3回派遣した。お互いに広い視野から日本文化を見つめた両者によってこの建物は完成した。
伊東の仮説は正かったとは言い難いがのちの近代建築の発展に大きく貢献した。

所在地:京都市下京区
建築年:1912年(明治45)  保存再生工事:2011年(平成23)
構 造:煉瓦造3階建
設 計:伊東忠太
重要文化財



f0374868_16593005.jpg


f0374868_16595544.jpg


f0374868_17001607.jpg


f0374868_17004156.jpg
石、煉瓦、タイル、テラコッタ、木材、ガラス、あらゆる材料を調和させてある。


f0374868_18011148.jpg

煉瓦と石の外壁は19世紀の英国風のようでもあるがその上にはイスラム風の玉ねぎ型のドーム。



f0374868_17040150.jpg


f0374868_17041485.jpg


f0374868_17044920.jpg


f0374868_17050493.jpg
伊東忠太は細部に凝る人。見れば見るほど発見がありおもしろい。


f0374868_17053285.jpg
建物を守る怪獣達はみんな羽根が付いていてどことなくカワユイ。


f0374868_17054816.jpg



f0374868_17060465.jpg


f0374868_17061896.jpg


f0374868_17065494.jpg


f0374868_17071097.jpg


f0374868_17072784.jpg



f0374868_17074648.jpg


f0374868_17093169.jpg


f0374868_17095021.jpg


f0374868_17101164.jpg


f0374868_17105216.jpg
この日は内部も公開されたが、館内撮影は禁止。


f0374868_17111379.jpg


f0374868_17112888.jpg


f0374868_17115057.jpg


f0374868_17120647.jpg


f0374868_17132619.jpg


№335



[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-10-30 12:00 | 京都府

被差別部落の住民らによって設立された日本で唯一の銀行
明治期の銀行建築の様式をよく表しているこの建物は柳原町(崇仁すうじん地域)の村長明石民蔵ら地元有志によって明治32年に設立された柳原銀行の店舗として建られた。
差別のため資金を得られなかった皮革業者等に融資を行い産業の育成、発展に大きく貢献したほか、その利子を地元の小学校の運営資金や道路建設資金に充てるなど自力で差別撤廃を進める模範となった。
大正期には山城銀行と改称して業績を伸ばしたが、金融恐慌などの影響を受け昭和2年に倒産した。その後建物は借家、商店などに使われたが、昭和61年国道24号線拡幅工事のため取壊し案が持ち上がった。これを契機にまちづくりのシンボルとしてこの建物を保存しようという運動が盛り上がり、元の場所のすぐ近く(斜め向い)に移築復元さた。保存の為の解体調査により建築年や設計密度の高い貴重な明治期の洋風木造建物であることが判明した。なお京都に現存する銀行建築では旧日本銀行京都支店(現在・京都文化博物館)に次いで2番目に古い。しかも1年しか違わない。

所在地:京都市下京区下之町6-3
建築年:1907年(明治40)
構  造:木造2階建
設  計:吉川吉之助
京都市登録有形文化財


f0374868_09362481.jpg



f0374868_09363830.jpg



f0374868_09365334.jpg



f0374868_09370476.jpg



f0374868_09371627.jpg
1階右側は後年金庫室として増築。



f0374868_09373012.jpg





f0374868_09390223.jpg



f0374868_09394715.jpg
1階の天井:透かし彫りの入った六角形の豪華な格天井は創建時の様子をとどめている。照明器具は同時期の銀行を参考に復元。


f0374868_09410551.jpg



f0374868_09412960.jpg
移築前、カウンターは既になくなっていたが銀行の営業室として使われていた竣工当時の姿に復元された。


f0374868_09425131.jpg
一階部分の階段は改築されていたが、二階部分を参考に復元。


f0374868_09423378.jpg



f0374868_09440413.jpg



f0374868_09442567.jpg

二階の天井も素晴らしい。

f0374868_09445695.jpg
移築の為の解体工事で見つかった棟札。


f0374868_09451797.jpg
外壁に弁柄を塗っていた時期もある。


f0374868_09453521.jpg
ドンツキの右側がかつての銀行。電車道の良い場所に建っていた。
この写真は外壁の色が違うようだが解体調査の当初の色が判明したのでこの色で復元。


№334










[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-10-23 12:00 | 京都府

魚町倶楽部

技術指導に招いたアメリカ人技師の住居として
(旧称)神戸製紙所高砂工場内にアメリカ人技師M.J.シェイ氏の住居として建てられた明治の木造洋館。
神戸製紙所は明治31年創立のアメリカ人が経営する会社であったが、旧三菱財閥の岩崎久弥氏が譲り受け、社名も三菱製紙所と変わった。もとは神戸にあったが水不足のため、技術指導に来たシェイ氏の推奨により、水の豊富な高砂に移転した。
シェイ氏退職のあとは当地(工場から少し離れた街なか)に移築され、最初は職員専用の倶楽部、大掛りな修繕を経て現在は三菱製紙株式会社の福利厚生施設として使われ、会社の歴史を語る建物として大切にされている。
内部は時期毎に変ってきた用途に応じて改造されているが、階段廻りやベランダ、暖炉などに建設当時の様子、明治の洋館らしさ見る事ができる。

所在地:高砂市高砂町魚町551
建築年:1904年(明治37)
構  造:木造2階建
設  計:


f0374868_08424629.jpg

f0374868_08431625.jpg


f0374868_08432679.jpg


f0374868_08434751.jpg


f0374868_08440228.jpg

右側は後年の増築と思われる。本館とは少し仕様が違う。
この妻面が下の写真でハーフティンバー風(柱などの構造材を見せて装飾を兼ねている)


f0374868_08441998.jpg


f0374868_08443452.jpg

明治期の洋館はここでも例外ではなく、やはり和館と繋がれている。(奥に和館が見える)



f0374868_08445538.jpg


f0374868_08451053.jpg



f0374868_08452506.jpg


f0374868_08454786.jpg


f0374868_08460661.jpg

煉瓦の基礎


f0374868_08463590.jpg

珍しい内折れ戸の玄関ドア。


f0374868_08470784.jpg

玄関の横には直接バルコニーに出られるドアがある。無くても何も問題はないようなドアであるが、
生活を楽しむ工夫というかこの時期のゆとりというか・・・


f0374868_08473355.jpg



f0374868_09231239.jpg

1階の暖炉


f0374868_08481838.jpg

f0374868_08483554.jpg


f0374868_08485529.jpg


f0374868_08491944.jpg


f0374868_08493128.jpg

サンルームの内外


f0374868_08501595.jpg


f0374868_08503120.jpg

2階の暖炉にはイギリス風のタイルがあしらわれている。


f0374868_08504925.jpg

この建物のシンボルである3つ穴の煉瓦の煙突。


№332















[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-10-09 12:00 | 兵庫県

阪神間郊外住宅の先駆け
朝日新聞社の創業者である村山龍平(むらやまりょうへい)が御影に構えた居宅であった。まだ大阪では職住近接が一般的であった時期に仕事場と住居を別にする郊外住宅の先駆けとなった。
これをきっかけに、大阪、神戸の富豪達が次々に御影に数千坪単位の広大な土地を求めて移り住み、長者住宅が立ち並ぶ郊外住宅地となった。
村山は東洋の古美術のコレクターでもあった事から、現在はその膨大な蒐集物を収蔵、展示する香雪美術館として庭園、建造物文化財と共に管理されている。
自然の地形をそのまま生かした数千坪に及ぶ庭園には洋館の他に和館の玄関棟、書院等、茶室棟、美術蔵、衣装蔵、などがあり、いづれも近代和風建築の質の高いものであり村山の趣味、教養を偲ばせる素晴らしいものである。村山は一番最初に洋館を建て、ここで暮らしながら自身の趣向を取り入て順次に和館を建てた。
「香雪」は茶人であった村山の雅号に由来している。

所在地:神戸市東灘区御影群家2-12-1
建築年:1909年(明治42)
構  造:地下・1階が煉瓦造 2階が木造
設  計:河合幾次(伊東忠太らと同期)
国重要文化財 (土地、建物とも)


f0374868_12013324.jpg

永遠に続くように見える御影塀。(ごろごろとした御影石を積み上げたこの地独特のもの)




f0374868_12014813.jpg

煙突がこの館の装飾性をさらに高めている。曲線のハーフティンバーが優雅で豪華。


f0374868_12021061.jpg


f0374868_12022828.jpg


f0374868_12024785.jpg


f0374868_12032941.jpg

f0374868_12035376.jpg


f0374868_12040564.jpg






[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-10-02 12:00 | 兵庫県

古都奈良の景観との調和を考えた近代建築
奈良公園に似合わないと不評だったというネオバロック風の国際博物館の近くに、これとは対象的な和風建築がある。もとは奈良県物産陳列所として建設されたもので、西洋建築を修めた日本人建築家による最初の和風建築とされている。
外観を見てゆくと、入母屋造りの正面には唐破風の車寄せと玄関。細部の造りは舟肘木(ふなひじき)、人字型割束(にんじけいわりづか)、虹梁(こうりょう)、蟇股(かえるまた)と飛鳥時代から奈良時代の日本の伝統的な建築様式が取入れられている。ところが窓に目を移すと八弁花の丸窓やイスラム風の飾り窓、縦長の上げ下げ窓。この建物は一見和風建築であるが、小屋組み(屋根の造り方)はクイーンポストトラスで木造西洋建築の工法が取られている。内部は柱の見えない大壁造りで、外観よりもずっと西洋館である。
設計者・関野貞(せきのただし)は大学在学中から、宇治の平等院鳳凰堂(10円玉でおなじみ)に長く関心を持ち、調査を続けていた。これを意識してデザインしたと考えられているが、単なる写しではなく、西洋建築の要素を取り入れつつ、和風建築の要素を生かしたバランスの良い感覚は日本建築史家であり、西洋建築を修めた関野の力量だといえる。
この建物は仏教美術の図書館として、週2回開館するが、この日は基本的に建物の公開ではないし、敷地内部からの写真撮影もできない。以下の写真は敷地の外から写したもの。
館内の中央吹き抜け部分は「関野ホール」として、建物について詳しい説明パネルが設置されている。過去に不定期で数回一般公開がされたが、今後の公開予定などは決まっていないそうだ。

所在地:奈良市登大路町50
建築年:1905年(明治35) 
    昭和59年~63年:仏教美術研究センターとして活用するための保存修理が行われ一部当初の様子に復原された。
構  造:木造2階建
設  計:関野貞
国重要文化財

f0374868_12053542.jpg


f0374868_12054604.jpg

正面の車寄せ:唐破風の屋根の下に見えるのが本蟇股、虹梁だと思うが、私には初めての言葉ばかりで、
現地で買った解説書を頼りに。



f0374868_12060263.jpg



f0374868_12061476.jpg


f0374868_12062373.jpg


f0374868_12063233.jpg

中央楼 太瓶束 笈型


f0374868_12065181.jpg

中央楼・上層窓 東洋と西洋の接点と云われるイスラム風の装飾窓


f0374868_12070206.jpg

東楼 太瓶束 笈型



f0374868_12071884.jpg


f0374868_12073054.jpg


f0374868_12075396.jpg


f0374868_12082876.jpg

屋根下、梁の下に見えるのは舟肘木、高欄の下に見えるのが人字型割束




館内で購入した参考図書
f0374868_12084205.jpg

奈良国立博物館・仏教美術研究センターの耐震補強改修工事の完了を記念して、建物の歴史などを詳しく
紹介する冊子が発行された。











[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-07-31 12:00 | 奈良県

赤い三角屋根にドーマ窓、メルヘンのような洋館
名和昆虫研究所はギフチョウの発見者で日本のファーブルと呼ばれた昆虫学者・名和靖によって、明治29年に開設され、その後岐阜公園内に移転して現在まで引き継がれている。
記念昆虫館は大阪朝日新聞紙上で寄付を募り名和の志に賛同した、多くの人の寄付により明治40年に竣工した。設計者は当時ヨーロッパから帰国したばかりの新進建築家であった武田五一であるが、実はこれ以前に二人は出会っている。少年時代に岐阜市に暮らした武田五一は、華陽学校に通って名和靖の教えを受けていた。高校生の頃武田五一は生物学者志望だったというので、子供の頃の夢を「かたち」にした建物であるともいえる。
標本収納庫として建てられたが、隣接する博物館がまだ無かった頃は展示室も兼ねていた。所蔵する昆虫標本は1200種、30万頭。(昆虫は何頭と数える事を始めて知った。)
現在は内部は公開されていないが、木造と煉瓦風タイル(常滑焼)を組合わせた外観は新緑に囲まれて趣がある。

所在地:岐阜市大宮町2-18岐阜公園内
竣 工:1907年(明治40)
構  造:木造2階建
設  計:武田五一
岐阜市重要文化財

f0374868_19205851.jpg


f0374868_19211122.jpg


f0374868_19212534.jpg


f0374868_19213961.jpg


f0374868_19214921.jpg

蝶が彫られた棟飾り。


f0374868_19221669.jpg


f0374868_19231472.jpg

屋根窓と壁の窓が同一面で繋がったように見える。中からはこの窓がどう見えるのか興味深い。



f0374868_19232525.jpg


f0374868_19233741.jpg

随分湿気がきついのが気がかり。何とかならないものか・・・。


f0374868_19235181.jpg


f0374868_19240586.jpg
昆虫碑は隣接して昆虫博物館を建てた大正6年に建立された。


№322









[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-07-10 12:00 | 愛知県

中世ヨーロッパを思うロマネスク様式の教会堂
明治6年、鎖国以来200年以上続いたキリスト教の禁止令が解かれ、各地に教会堂が建てられた。この教会は明治40年京都の河原町通りに建てらた旧京都五条教会。2階が会堂、1階は日曜学校や幼稚園に使われていた。十字平面を持ちロマネスク様式を基調にした古典的な教会は尖頭アーチなど、ゴシック様式の特徴も見える。
設計はハーバード大学で建築を学んだアメリカ人ガーディナーによるもの。明治13年に来日したガーディナーは立教大学の学長として教育、宣教に当たる一方では、建築家としても立教大学の校舎、青山学院ヘボン館、京都には長楽館などの作品を残している。

所在地:犬山市内山1番地博物館明治村1丁目6番地  旧所在地:京都市下京区河原町通五条
建築年:1907年(明治40)
構  造:1階・煉瓦造 2階・木造
設  計:ガーディナー
国重要文化財


f0374868_19511025.jpg


f0374868_20001187.jpg


f0374868_20003432.jpg


f0374868_20015660.jpg


f0374868_20011276.jpg

屋根に軽い金属板が使われているのは、日本に多い地震への配慮と考えられる。


f0374868_20022844.jpg



f0374868_20021422.jpg



f0374868_20024609.jpg
屋根を支える構造がそのまま美しい装飾のように見える。


f0374868_20031101.jpg
天井には蒸し暑い京都の気候を考えて竹を使っている。また勾配のある竹の天井は縦横に光を反射して館内を明るくしている。

f0374868_20035118.jpg


f0374868_20040935.jpg




f0374868_20361236.jpg




f0374868_20045185.jpg



f0374868_20050820.jpg



f0374868_20052628.jpg



f0374868_20080315.jpg



f0374868_20090294.jpg


f0374868_20083562.jpg




№321











[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-07-06 12:00 | 京都府

神戸で最初期の洋風建築が解体へ
子供服メーカーのファミリアが所有して展示会やコンサート会場などに使っていた、明治時代の洋風建築が売却され、この(2016年)7月中頃から解体工事が始まるという。跡地はタワーマンションが建設され、外観の一部を復元保存の検討がされているとか。
元銀行(三菱合資会社銀行部の中核)として建設されたこの建物はルネサンス様式が特徴で、石積みの重厚な外観は悠然としている。写真などを見て想像していたよりずっとスケールが大きい。神戸での本格的な洋風建築の先駆け的存在でもあり神戸市の景観形成建築物に指定されている。設計者・曽禰達蔵の現存最古の建物でもある。今回が内部を見学できる最後の機会だと知り、数十年ぶりにJR神戸駅で降りた。
神戸新聞NEXT 掲載の川島先生(京都華頂大教授)の話によると、ホールは居留地返還直後の完成で、全国でも有数の格調高い建物だ。港街の神戸が東京、大阪に次ぐ大都市に急成長していった。この界隈が金融街で栄えたという〝まちの勢い”を体現する建物はもう他にはない。歴史を後世につなぐ意味でも必要で、重要文化財として残す方法も考えられたのではないか。

所在地:神戸市中央区相生町1-1-21
建築年:1900年(明治33)  1932年(昭和7)1階ホール部分を改修
構  造:煉瓦造3階建
設  計:曽禰達蔵
景観形成重要建造物
近代化産業遺産

f0374868_10580929.jpg


東に正面玄関

f0374868_10584521.jpg


f0374868_10591781.jpg


北側

f0374868_11020295.jpg


f0374868_11022296.jpg


f0374868_11024409.jpg



f0374868_11031933.jpg



f0374868_11232071.jpg


f0374868_11034199.jpg

東向き正面の玄関


f0374868_11041023.jpg


f0374868_11042870.jpg

今日は照明の設備は無いのに天窓があるのでこんなに明るい。


f0374868_11045600.jpg


f0374868_11051451.jpg


f0374868_11053492.jpg


f0374868_11062965.jpg


f0374868_11064830.jpg


f0374868_11070675.jpg


f0374868_11072902.jpg

f0374868_11074699.jpg


f0374868_11285369.jpg


f0374868_11080687.jpg


f0374868_11082184.jpg


f0374868_11085374.jpg


f0374868_11091555.jpg

これは金庫内に通気する為のドア

f0374868_11093638.jpg


f0374868_11095635.jpg


f0374868_11101950.jpg

f0374868_11105626.jpg

建物の重厚さに対して不釣り合いに見える華奢な階段


f0374868_11112152.jpg

分厚い壁の奥はトイレのドア


f0374868_11114900.jpg


f0374868_11122599.jpg



f0374868_11131026.jpg



f0374868_11133401.jpg

元はこの建物を本社として使っていた。奥に見える現在のファミリア本社はすでに売却され、三宮方面に移転。


f0374868_11135543.jpg

館内の説明パネル


№320




 

[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-07-03 12:00 | 兵庫県

内部はセセッションと数寄屋が融合
従来の和洋並列住宅は異質な洋と和を並べ繋いだだけの物であったが、この住宅は当時のヨーロッパで最新デザインであったセセッションと和の伝統様式である数寄屋を融合したようなスタイルである。和室と洋室のデザイン的な関連性もあり、住宅全体が一つのスタイルにまとめられている。

2回目は内部を1階の客室・食堂から

17shibakawa



18shibakawa


1201605010_5暖炉のタイルは当初からの物でイギリス製



19shibakawa床は当時の最先端素材のリノリュームが貼られていた。現在はよく似た現行品を貼ってある。


20shibakawa_2




23shibakawa数寄屋とセセッションの融合


24shibakawaハート型は和室の手摺りにも使われている。


25shibakawa洋室ではドア周りの左右非対称のデザインはめずらしい。和風建築からの発想かと思う。右手の照明器具と同じデザインのものがサイズは違うが和室にも吊られていて、和室では和風に見えるし、洋室では洋風に見える。

26shibakawa


27shibakawa金色の渦巻き模様の壁の階段室。初めて見た金色の空間には瞬間は驚いたが、中にずっといると不思議な程落ち着く。セセッション風の階段木部と違和感がない理由は、「金色の壁は日本の伝統様式にもあり、和洋いずれの様式としてもありうるもの」足立先生の記事では解説されている。


28shibakawa渦巻模様は木で円形のコテを作り、ボランティアによる手作業で一つづつ模様を作られたと聞く。


29shibakawa階段は建築当初からのものと聞いたが、踊り場の巾木(壁と床の境)が曲線になっているのも独創的でモダン。


30shibakawa

31shibakawa


32shibakawa_2網代、葦簾、格子、3種類の天井が見える。



33shibakawa2階十畳座敷


34shibakawa

35shibakawa


1201605014




38shibakawa普通の押入れに見えるが。

39shibakawa暖炉が組込まれている。


41shibakawa


42shibakawa井桁に組まれた手摺りは武田五一のひねり。


43shibakawa_2階段室の和室側は柱が見えた真壁風。



44shibakawa


45shibakawa階段室から左の大寝室へ入る。右は廊下の先が小寝室、いづれもコルク敷きの床。



46shibakawa2階大寝室


47shibakawa


49shibakawa_2




50shibakawa


51shibakawa


52shibakawa今でも使いたいようなデザインのコルクをダイヤ柄に貼った床は現地に有ったものを忠実に再原してある。


53shibakawa2階のトイレ  明治村の建築担当の説明によると、便器は移築前と似たものを外国から取り寄せて復原したという。(どこの国か聞き漏らしてしまったが)

54shibakawa2階 4畳半の和室  写真では表現できていないが天井が高い

55shibakawa2方向に縁側と云うより大型の出窓と云うべきかも知れないが、これがあるので4畳半といっても8畳程の広さがある。その上、外の景色も取り込むのでとても広い。


56shibakawa

58shibakawaゆるい波線がどこまでも続き「ふわー」と気持ちがゆるむ。


59shibakawa

60shibakawa


61shibakawa座敷を通して階段室までを望む。



№319-2


[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-06-26 12:00 | 兵庫県