タグ:大正の建築 ( 44 ) タグの人気記事

20年間金属の建材で覆われていた銀行建築がよみがえる
丼池(どぶいけ)といえば戦前は高級家具の問屋街、戦後は繊維関係の大集積地として大阪の復興を支えた地域としてよく知られている。ところが繊維不況の折りにはいち早く都心のシャッター通りと化した。
元々この建物は愛徳貯蓄銀行本店として建設された由緒正しい銀行建築であった。戦後の混乱期を経て丼池の地域の人達が会社を設立し、この建物を買い取り事務所として使用してきた。ちょうどバブル時期にさしかかり何もかも新しくなくてはいけないと思っていた時代。建物は全面を銅製のサイディング(金属性の建材)で被い、見た目の綺麗さ、新しさを造ったのであろう。20年という長い年月がこの外観であったので、サイディンで覆われた姿を知っている人の方が多いと思われる。私もその一人。
2014年4月から始まった丼池繊維会館リノベーションプロジェクトではモダニズム黎明期の銀行建築が雄姿を現すであろうと、期待してサイディングを撤去すると、サイディングを支える無数のアンカーボルト、おびただしい数の目印スプレーまさに傷だらけで想定外の状況が出現。リノベーションプロジェクトでは何を継承し、どのように再現するかの検討が重ねられた。この結果、「当時最先端のモダンな設計思想を優先しながら、輝かしい部分だけでなく歴史の波にもまれながらも生き残った過程も後世に伝えて行こう、歴史を大事にする一方で新しい快適な設備も積極的に取り入れよう。」との方針が採用された。このように時期毎の様子を残す方法は今まであまりやらなかったリノベーションの新しいスタイルといえる。(以上は建築ジャーナル2016年6月号記事を参考)

所在地:大阪市中央区久太郎町3-1-16
建築年:1922年(大正11) 2016年3月:リモデル工事竣工(リモデル設計:高岡伸一建築事務所)
構 造:鉄筋コンクリート造3階建
設 計:不詳

f0374868_14403932.jpg



f0374868_14430790.jpg

f0374868_18264693.jpg


f0374868_14431573.jpg



f0374868_14432973.jpg



f0374868_14434539.jpg



f0374868_14435768.jpg



f0374868_14441524.jpg
金属性のフラットなドアに刻まれた連盟事務所のロゴタイプ。
繊細で美しいタイプフェースはこれから目指す方向を示しているかのよう。


f0374868_14442869.jpg



f0374868_14444213.jpg



f0374868_14445723.jpg
写真では解りにくいが、丸く折り上げられた当時の天井が出現。
窓は断熱性のよい木製サッシに取り換え、外壁のタイルの隙間も2016年の歴史としてあえて補修跡を残した。


f0374868_14451138.jpg
2階は陶芸家の展示場兼ショップに使われている。


f0374868_15220359.jpg
塩野義製薬研究所の木製家具、坂倉順三によるオリジナル。



f0374868_14452821.jpg


f0374868_14463452.jpg
ペントハウスの外観はそのままで、レンタルキッチンにリモデル。現在は毎土曜日カレーショップが営業している。
写真は無いがここから屋上に出る事ができ、ビルの谷間の外気が清々しい。


f0374868_14464587.jpg








[PR]
by gigi-yo-ko | 2017-01-15 12:00 | 大阪府

大阪を代表する美しい大正建築のひとつ
阪急電車の千里線や地下鉄御堂筋線に乗ると、淀川のそばに見えてくる“朝日”をデザインしたような派手な意匠の建物。近くで見てみたいと思っていたが無期閉館中で門扉は閉ざされたままだった。
『今年の夏休みは、水道記念館へ行こう!』という大阪市の子供向けのお知らせを見つけて私も出掛けた。電車で通過中に遠目に見ていたのと、近くで真正面から見るのでは「違う建物か」と思う程印象が違う。
1914年(大正3)大阪市水道の主力ポンプ場として建設されたネオルネッサンス様式の美しい建物は、1986年(昭和61)に新しいポンプ場が建てられるまでの72年間このこの用途で使われた。
役目を終えた建物は、その後耐震改修工事を行い、1995年(平成7)大阪市水道通水100周年を記念して水道記念館として再生された。・・・しかし現在は諸事情により閉館中。新しい用途で期待の再生であったが、運営を継続す事の難しさ、今は春休みと夏休みに期間を区切っての開館するという・・・。なんとも悲しい話でブログにアップするのも躊躇するのだが私にとってはやっと近くで見る事ができた建物であり、もっと多くの人に見てほしい名建築なので記事にした。

所在地:大阪市東淀川区柴島1-3-1
建築年:1914年
構  造:煉瓦造平屋建
設  計:宗 兵蔵・・・関西の建築界の重鎮と云われた人で奈良国立博物館、生駒ビルディング、莫大小会館、灘高・灘中などの作品が残されている。
国登録有形文化財

f0374868_21124706.jpg


f0374868_21130272.jpg


f0374868_21131684.jpg

文字の左右にある装飾は一見電球かと思った (あ、ここは発電所ではなかった・・・水道局)。
中央に下がっているのと同じ花。明治、大正期の洋館にはこの花はよく使われている。


f0374868_21133004.jpg

f0374868_21135572.jpg


f0374868_21140921.jpg


f0374868_21144006.jpg


f0374868_21150341.jpg

こんな所に壺の飾りを発見。


f0374868_21152279.jpg

凝っているのにスッキリとしたデザインの照明固定プレート



f0374868_21154258.jpg


f0374868_21160817.jpg


f0374868_21162368.jpg


f0374868_21164254.jpg

建物の側面

f0374868_21210980.jpg


f0374868_21172709.jpg
守衛室かと思ったら「濾過速度を調節する機械」が入っていた明治41年建築の建物を移築したらしい。尖がり帽子のかわいらしい建物。


f0374868_21174605.jpg


f0374868_21181099.jpg
現地の説明書によると館内内側から鉄筋(アンカーピン)を打ち込んで補強工事をしたので、あたらしい内壁が造られ当初の様子は残っていないが一角だけ見えるように残してある。腰壁のタイルのキズは補強工事の跡?








[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-09-11 12:00 | 大阪府

名古屋の近代化を象徴する美しい庁舎建築
中央にドーム屋根を持ち、赤煉瓦と白い花崗岩の色調が重厚で華やかなネオバロック様式の建物。
大日本帝国憲法が公布された翌年、明治23年に近代司法制度が確立され、各地に新しい裁判所庁舎が建築されるようになった。この建物は名古屋に於いて、控訴院と地方裁判所、区裁判所の三庁舎を一カ所に集めることになり新しく建設された。構造は壁を煉瓦で組み、床、梁、階段などを鉄筋コンクリート造、屋根の骨組は木で造られている。このように煉瓦とコンクリートを併用した構造は近代建築が移り変って行く一時期特有のもので、この視点でも重要とされている。なお現存する控訴院の建物では当館が最古。
1922年(大正11)に竣工して1979年(昭和54)中区三の丸に新庁舎ができて移転するまで中部地方の司法の中心的役割を担ってきた。
1985年(昭和60)から1989年(平成元年)には、保存修理、復原工事が行われて現在市政資料館として、活用しながら一般公開されている。復原方針については現在の用途を生かしながらも可能な限り建築当初の姿に戻された。今回は時間的に見学ができなかったが、3階には重要文化財の内装指定を受けた会議室や、1階には留置所、便所など見どころが多いようだ。 (以上は平成23年度名古屋市政資料館年法を参考)

所在地:名古屋市東区白壁1-3(名城公園内)
竣 工:1922年(大正11)
構  造:煉瓦造及び鉄筋コンクリート造3階建、一部塔屋付
設  計:司法省営繕課(山下啓次郎・金刺森太郎)
山下啓次郎はジャズピアニスト山下洋輔の祖父にあたり、奈良少年刑務所など全国各地に刑務所を設計した人として知られている。
国登録重要文化財

f0374868_12555258.jpg



f0374868_12560358.jpg


f0374868_12561259.jpg



f0374868_12562970.jpg


f0374868_12564371.jpg



f0374868_12570063.jpg



f0374868_12571613.jpg



f0374868_12580750.jpg



f0374868_12573691.jpg



f0374868_12582775.jpg



f0374868_12584925.jpg



f0374868_12590700.jpg



f0374868_12592589.jpg



f0374868_12594101.jpg



f0374868_13000131.jpg
この上のドーム天井にもステンドグラスが入り、美しい空間となっている。
モチーフである天秤の図案は罪と罰が吊り合う事を意味している。



f0374868_13002369.jpg







[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-07-24 12:00 | 愛知県

名和昆虫博物館

全体を直線で構成したモダンな意匠、玄関は歴史建築回顧風
昆虫学者・名和靖の還暦を記念して県人・林武平氏の寄付により建てられた、白いタイルを貼った煉瓦造の建物。内部中央にある3本の巨木丸柱は奈良唐招提寺金堂と講堂を解体修理時に出た白蟻被害木(約1200年前のヒノキ材)を譲り受けて、防蟻処理の上再利用している。初代館長名和靖の白蟻研究の一環として被害木を利用しつつ保存している。また積極的に西洋の新しい建築の動きを取り入れる一方で、日本の茶室、社寺保存修理にも力を入れていた武田五一ならではの考えも反映されている。なお隣接する記念昆虫館(明治40年竣工)の中には六角堂も残されていると聞く。
現存する最古の昆虫博物館として、現在5代目の館長によって運営される私立博物館である。

所在地:岐阜市大宮町2-18岐阜公園内
竣 工:1918年(大正8)
構  造:煉瓦造2階建
設  計:武田五一(実施設計は武田五一の教え子・吉武東里)
国登録有形文化財
都市景観重要建築物(岐阜市)


f0374868_15464986.jpg




f0374868_15472219.jpg




f0374868_15473833.jpg




f0374868_15480085.jpg

妻面の左右非対称のデザインに見入ってしまう。


f0374868_15481348.jpg




f0374868_15482754.jpg

覆輪目地(かまぼこ型にもりあがった手間のかかる目地)が使われている。


f0374868_15484088.jpg



f0374868_15485938.jpg




f0374868_16025165.jpg


f0374868_16031190.jpg



f0374868_15491967.jpg
2階の床を支えている中央の丸柱は明治38年、奈良唐招提寺金堂の解体修理時に取り出された物。


f0374868_15494301.jpg




f0374868_15500072.jpg




f0374868_15502385.jpg








[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-07-13 12:00 | 愛知県

洋あり、洋に和あり
陶磁器貿易商として財をなした春田鉄次郎が武田五一に依頼して建てた邸宅。
19世紀以降の建物は過去の様式に捉われずに施主や建築家の好みによって自由に選択、組み合わせた折衷主義の時代。この建物は手前に洋館、奥に和館から構成されていると解説されているが、洋館部分にも和の要素があり、和館部分にも洋のテイストがある。洋館、和館と分けて考える必要がないような気がするが。これ以前の洋館と和館を併設した邸宅は和洋はっきり違う物を繋いであり、両方の要素が混じる事は無かった。この違いが大正期の住宅の特徴でもあり、和洋を自在に操る武田五一の特徴でもあると思う。当時の最新デザイン・セセッションの流行期でありこの要素を館内で色々目にする事ができる。(セセッションはウィーンで始まった新芸術運動で武田五一が日本に導入した。)

所在地:名古屋市東区主税町3-6-2
竣 工:1924年(大正13)
構  造:木造2階建
設  計:武田五一
景観重要建造物

f0374868_16423851.jpg


f0374868_16424897.jpg


f0374868_16430349.jpg


f0374868_16431443.jpg

裏玄関(見学者の入り口) こけら葺きの庇は従来の和風建築では見た事がない曲線。



f0374868_16433379.jpg

裏玄関の天井:和でも洋でもない独自性。




f0374868_16434690.jpg

和室ではあるが、壁は洋風の布貼り。



f0374868_16435951.jpg
和洋の接続部:奥が和館、手前が洋館


f0374868_16441194.jpg
琵琶床がある立派な和室。写真を整理していて気付いたが、真っ白の壁の和室も珍しい。



f0374868_16442122.jpg
和風建築のいわゆる違い棚ではなくて、左右対称形の棚。和の様式にこだわっていないおおらかさ。



f0374868_16443194.jpg



f0374868_16444163.jpg
武田五一がデザインした家具。アールデコもしくはセセッションの特徴が見える。


f0374868_16445316.jpg



f0374868_16450813.jpg
細部の一つ一つが丁寧にデザインされている。


f0374868_16452545.jpg



f0374868_16453878.jpg
違い鷹の羽の家紋が透かし彫りされた和室廊下の手摺り。


f0374868_16455376.jpg
茶室の待合のようなスペースが造られた洋館の玄関。




f0374868_16462607.jpg




f0374868_16470526.jpg
玄関:現在はレストランの入り口として使われている。



f0374868_16471956.jpg



f0374868_16473348.jpg



f0374868_16481027.jpg



f0374868_16482131.jpg
 直線でデザインされた階段廻り。




f0374868_16485814.jpg




f0374868_16492728.jpg

現在はレストランのバーとして使われているが和洋折衷の部屋。(図面には洋室となっている)



f0374868_16494316.jpg




f0374868_16495590.jpg




f0374868_16502234.jpg




f0374868_16503747.jpg

この建物の中では最も古典的な洋室ではあるが、天井の4隅に違い鷹の羽の家紋があしらわれている。



f0374868_16505622.jpg




f0374868_16513988.jpg



f0374868_16515538.jpg

ドア枠は薄く見せる(軽快な感じ)ように斜めに傾斜してある。この点もセセッションの要素。




f0374868_16522606.jpg

本来の洋間に有った天井と壁の区切り(廻縁)が無く、角はアールが取られている。
天井の装飾もさりげなくすっきりとして、幾何学的デザイン。



f0374868_16525968.jpg

井桁に組まれた換気口は和の要素を感じるが、セセッション風でもある。
セセッションは和の影響を受け、ヨーロッパで熟成され再び日本に導入された経緯があり、日本に馴染みやすかったといわれている。


f0374868_17331172.jpg




f0374868_16534254.jpg

和館と洋館の接続部天井は洋ともとれるデザイン。



f0374868_16540260.jpg

さらに装飾を省略した(少なくした)美しい天井。


f0374868_16541959.jpg

天井と壁の区切りが無くアールが取られている。


f0374868_16543516.jpg




f0374868_17383359.jpg

左はガス灯の跡。
こんな極限的デザインの天井には中途半端なデザインの照明器具は付けられないのか・・・電球のまま。


f0374868_16553061.jpg




f0374868_16555389.jpg



f0374868_16561219.jpg




f0374868_16565773.jpg




f0374868_16571240.jpg




f0374868_16572707.jpg

フレンチレストラン・デュボネのランチ。



f0374868_16582357.jpg




f0374868_16584945.jpg




f0374868_16590970.jpg

暖炉もこの時期は奥行が浅く薄いデザイン



1


●通常は平面図の白い部分は見学できませんが、今回は特別に見せて頂きました。 


№317











[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-06-05 12:00 | 愛知県

煉瓦の紡績工場はレストランとして残された
かつてこの辺りは広大な鐘紡の紡績工場であった。
この建物は鐘紡洲本工場・第3工場の機械室として建てられた。第1、第2工場は蒸気を主動力としていたので工場の中央部に機械室を設けていたのに対して、第3工場は電気を主動力にしたため、工場とは離れた場所に独立した機械室を設ける事ができた。綿糸紡績工場の主動力の変化を刻んだ歴史的建物でもある。
1986年(昭和61)に工場の操業を停止して以来、市民から保存を望む声が強く、数々の検討期間を経て1996年(平成8)あまり工場時代の姿を変える事無く、レストランとして再生された。

所在地:洲本市塩屋1-1-8
竣 工:1920年(大正9)
構  造:煉瓦造2階建
設  計:横河工務所
施  工:竹中工務店
近代化産業遺産

01mitukekuni

02mitukekuni

03mitukekuni

05mitukekuni

06mitukekuni

07mitukekuni

09mitukekuni建物の後側は公園【洲本市民広場】に面している。

10mitukekuni

11mitukekuni

12mitukekuni

13mitukekuni


№313



[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-05-15 12:00 | 兵庫県

高畑族の洋画家が設計した住居
ガーデンカフェ【たかばたけ茶論】というほうが分かる人が多いと思う。洋画家足立源一郎がフランスから帰国して、大正8年に南プロバンスの田舎家を模して、自邸を建てたと伝えられている。これを洋画家中村義夫が昭和3年に譲り受けた。内部は非公開であるが、奈良教育委員会の案内板によると、ステンドグラスの玄関、吹き抜けのアトリエ、サンルームがあるという。元々「高畑サロン」とは、隣にある志賀直哉旧居に画家や文人達が集い、こう呼ばれるようになったらしい。高畑サロンの経緯は次回志賀直哉旧自邸で取り上げる予定。

所在地:奈良市高畑町1247
建築年:1919年(大正8)
構  造:木造2階建
設  計:洋画家・足立源一郎
国登録有形文化財(主屋・塀)


f0374868_18371070.jpg


f0374868_18371900.jpg


f0374868_18372732.jpg
この辺りは明治初頭まで、春日大社の神官たちが土塀で囲った屋敷で暮らしていた。
この歴史を引継いで、広い敷地に当地特有の土塀が巡らされている。瓦は洋館と合わせて赤瓦で。


f0374868_18373800.jpg

こちらはカフェの入り口。街並みに合わせて土塀には黒い瓦が使われている。



f0374868_18380127.jpg



f0374868_18375214.jpg


f0374868_18381258.jpg


f0374868_18595709.jpg


f0374868_18382023.jpg



f0374868_18382958.jpg


f0374868_18384265.jpg
ステンドグラスは中から見ないと・・・な。


f0374868_18385286.jpg

鬱蒼として、洋館の全貌は見る事ができない。


f0374868_18390477.jpg


f0374868_18391727.jpg

35年程前に庭の隅にカフェとして造られた建物。



f0374868_18392970.jpg

25年前に訪れた時は洋館の存在は知らなかった。カフェはその時と何も変わっていない。







[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-02-17 12:00 | 奈良県

水間観音駅舎

水間寺参詣客を迎える駅舎
水間寺は通称水間観音と呼ばれて初詣に訪れる人で大変な賑わい。参道は歩けない程の人出。
大正13年に水間鉄道が開通した。大正15年、当時このあたりでは珍しい鉄筋コンクリート造でありながら、水間寺の三重の塔を意識した和風の意匠。一方左右対称の両端は円筒形の待合室を設けて洋風の意匠も取入れてある。改札の手前で塔部分の吹き抜けを見上げると中国風と思えるデザインの窓。解説によると卍崩しのデザインということであるが、縦長窓は洋館の特徴の一つでもある。
シルエットが印象的で、写真映えする建物であるが、現地へ行くと思いの外小さいし、ディテールがお粗末な気がする。元々なのか後の改修でこのようになったのかはよく解らない。
平成21年には水間駅から水間観音駅に改称された。近畿の駅百選にも選定されている。

所在地:貝塚市水間260
建築年:1926年(大正15)
構  造:鉄筋コンクリート造2階建
設  計:

国登録有形文化財


f0374868_20435179.jpg

右側は紅白幕で隠れているが、左右対称の駅舎で右側にも円筒形。



f0374868_20440238.jpg




f0374868_20441271.jpg




f0374868_20442811.jpg




f0374868_20444394.jpg

建設された時は「水間駅」と云っていたので右から書いた昔の駅名が上に残してあり、
(左から読もうとして古い駅の字がすぐには読めなくて)下には新しい駅名「水間観音駅」がある。
ここはローカル線・単線の終着駅。ポストの奥は駅員室でアーチ窓が見える。やはりモダンな洋館の駅舎。



f0374868_20451424.jpg

美しい水間寺のシンボル、三重の塔。駅舎はこの三重の塔をオマージュしたのは間違いない。




f0374868_20450423.jpg




[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-01-10 12:00 | 大阪府

古典様式を幾何学化した「現代式」
古典様式が持つ装飾を直線的に簡略化してセセッションを意識した意匠。設計者自らは「現代式」と名付けたという。注目したいのは、南面と東面の中央最上部、3階と4階の間にある軒蛇腹においては和の古典屋根、唐破風を感じさせる曲線が使われている。
阪神淡路大震災では、旧ビルは全壊の認定を受けたために、外壁を撤去保管した。後に同じ場所に再建された高層ビルの低層部には元の外壁を再構築された。竣工当時から引き継がれている幾何学模様が施された木製ドアも東側玄関と南側入口に再利用されている。
南側の海岸通りに面して、この海岸ビルの姿が残り、商船三井ビル、神港ビル、チャータービルと近代建築が豪華に並ぶ景観が保たれている。

所在地:神戸市中央区海岸通り
建築年:1919年(大正8)・・・建替竣工1998年(平成10)
構  造:鉄筋コンクリート4階建地下1階 (建替後は地上15階)
設  計:河合浩蔵(旧小寺厩舎・旧奥平野浄水場・新井ビルなどを手掛ける)
神戸市景観形成重要建造物
国登録有形文化財(低層部の旧外壁)


f0374868_05480611.jpg


f0374868_05482482.jpg



f0374868_05483572.jpg



f0374868_05490264.jpg
玄関も唐破風を感じさせる曲線。




f0374868_05491411.jpg



f0374868_05492884.jpg



f0374868_05494352.jpg



f0374868_05495873.jpg



f0374868_05501944.jpg



f0374868_05503841.jpg



f0374868_05505010.jpg




f0374868_06025198.jpg






[PR]
by gigi-yo-ko | 2015-12-13 12:00 | 兵庫県

大阪松竹座

関西初の洋式劇場として誕生
開館当時は洋画の封切館として、多くの名作が上映された。キネマ・ファンはモダンでインテリの象徴、映画館建築は時代の最先端を行くスポットであった。道頓堀に面した江戸時代からの芝居小屋街に、大きなアーチ窓を持つネオルネッサンス様式の映画館が建設された。設計者は劇場建築の名手と云われる木村得三郎で、京都の弥生会館、歌舞練場なども手掛けている。
元来この辺りの建物は船でやってくる役者や観客のために道頓堀に面して建てられたそうで、前の道路巾は狭くて全体像が写せないし、普段歩く人にはこの華麗なアーチ窓は見えにくい。改めて見上げててみると細やかなテラコッタの装飾が施されている事に気付く。
平成に入ってから、正面の外壁を保存して建替えられ、歌舞伎などを上演する劇場に生まれ変わった。【今は外壁しか残っていない】

所在地:大阪市中央区道頓堀1-9
建築年:1923年(大正12)  外壁保存建替え1997年(平成9) 
構  造:鉄筋コンクリート7階建・地下2階(当初は5階建)
設  計:大林組(木村得三郎)
大阪都市景観建築賞(平成10年度)


f0374868_17215593.jpg




f0374868_17220561.jpg




f0374868_17221389.jpg




f0374868_17222493.jpg




f0374868_17223399.jpg




f0374868_17224558.jpg




f0374868_17230146.jpg




f0374868_17231503.jpg




f0374868_17232421.jpg




f0374868_17233403.jpg




f0374868_17234375.jpg

映画の字幕のような文字で 松 竹 座。もしくは道頓堀の水面? おもしろい書体で気になった。









[PR]
by gigi-yo-ko | 2015-09-20 12:00 | 大阪府