20年間金属の建材で覆われていた銀行建築がよみがえる
丼池(どぶいけ)といえば戦前は高級家具の問屋街、戦後は繊維関係の大集積地として大阪の復興を支えた地域としてよく知られている。ところが繊維不況の折りにはいち早く都心のシャッター通りと化した。
元々この建物は愛徳貯蓄銀行本店として建設された由緒正しい銀行建築であった。戦後の混乱期を経て丼池の地域の人達が会社を設立し、この建物を買い取り事務所として使用してきた。ちょうどバブル時期にさしかかり何もかも新しくなくてはいけないと思っていた時代。建物は全面を銅製のサイディング(金属性の建材)で被い、見た目の綺麗さ、新しさを造ったのであろう。20年という長い年月がこの外観であったので、サイディンで覆われた姿を知っている人の方が多いと思われる。私もその一人。
2014年4月から始まった丼池繊維会館リノベーションプロジェクトではモダニズム黎明期の銀行建築が雄姿を現すであろうと、期待してサイディングを撤去すると、サイディングを支える無数のアンカーボルト、おびただしい数の目印スプレーまさに傷だらけで想定外の状況が出現。リノベーションプロジェクトでは何を継承し、どのように再現するかの検討が重ねられた。この結果、「当時最先端のモダンな設計思想を優先しながら、輝かしい部分だけでなく歴史の波にもまれながらも生き残った過程も後世に伝えて行こう、歴史を大事にする一方で新しい快適な設備も積極的に取り入れよう。」との方針が採用された。このように時期毎の様子を残す方法は今まであまりやらなかったリノベーションの新しいスタイルといえる。(以上は建築ジャーナル2016年6月号記事を参考)

所在地:大阪市中央区久太郎町3-1-16
建築年:1922年(大正11) 2016年3月:リモデル工事竣工(リモデル設計:高岡伸一建築事務所)
構 造:鉄筋コンクリート造3階建
設 計:不詳

f0374868_14403932.jpg



f0374868_14430790.jpg

f0374868_18264693.jpg


f0374868_14431573.jpg



f0374868_14432973.jpg



f0374868_14434539.jpg



f0374868_14435768.jpg



f0374868_14441524.jpg
金属性のフラットなドアに刻まれた連盟事務所のロゴタイプ。
繊細で美しいタイプフェースはこれから目指す方向を示しているかのよう。


f0374868_14442869.jpg



f0374868_14444213.jpg



f0374868_14445723.jpg
写真では解りにくいが、丸く折り上げられた当時の天井が出現。
窓は断熱性のよい木製サッシに取り換え、外壁のタイルの隙間も2016年の歴史としてあえて補修跡を残した。


f0374868_14451138.jpg
2階は陶芸家の展示場兼ショップに使われている。


f0374868_15220359.jpg
塩野義製薬研究所の木製家具、坂倉順三によるオリジナル。



f0374868_14452821.jpg


f0374868_14463452.jpg
ペントハウスの外観はそのままで、レンタルキッチンにリモデル。現在は毎土曜日カレーショップが営業している。
写真は無いがここから屋上に出る事ができ、ビルの谷間の外気が清々しい。


f0374868_14464587.jpg








[PR]
by gigi-yo-ko | 2017-01-15 12:00 | 大阪府