西本願寺伝道院

東洋と西洋の建築、始発点は同じだという挑戦
京都の中心部、仏具店が軒を連ねる門前町に一風変わった建物が見えてくる。伊東忠太の設計による、真宗信徒生命保険の本館として建てられたもの。
伊東忠太は法隆寺とパルテノン神殿は始発点は同じ兄弟であるという「法隆寺建築論」を明治26年に建築雑誌に発表した。パルテノン神殿は木造が起源である事は今定説になっているが、日本の伝統的な木造建築も石造(煉瓦造)に進化できるはずだと考えた。同じような考えを持つ門主・大谷光瑞の支持を得て実験したのがこの建物だという。随所に見られる木造を石造に置き換えたような造りはこの結果である。
伊東忠太は1902年(明治35)から3年かけてアジア欧米を行脚し各地の建築物を研究し、20世紀はじめに大谷光瑞は仏教伝来の道筋を探るべくアジア各地へ探検隊(大谷探検隊)を3回派遣した。お互いに広い視野から日本文化を見つめた両者によってこの建物は完成した。
伊東の仮説は正かったとは言い難いがのちの近代建築の発展に大きく貢献した。

所在地:京都市下京区
建築年:1912年(明治45)  保存再生工事:2011年(平成23)
構 造:煉瓦造3階建
設 計:伊東忠太
重要文化財



f0374868_16593005.jpg


f0374868_16595544.jpg


f0374868_17001607.jpg


f0374868_17004156.jpg
石、煉瓦、タイル、テラコッタ、木材、ガラス、あらゆる材料を調和させてある。


f0374868_18011148.jpg

煉瓦と石の外壁は19世紀の英国風のようでもあるがその上にはイスラム風の玉ねぎ型のドーム。



f0374868_17040150.jpg


f0374868_17041485.jpg


f0374868_17044920.jpg


f0374868_17050493.jpg
伊東忠太は細部に凝る人。見れば見るほど発見がありおもしろい。


f0374868_17053285.jpg
建物を守る怪獣達はみんな羽根が付いていてどことなくカワユイ。


f0374868_17054816.jpg



f0374868_17060465.jpg


f0374868_17061896.jpg


f0374868_17065494.jpg


f0374868_17071097.jpg


f0374868_17072784.jpg



f0374868_17074648.jpg


f0374868_17093169.jpg


f0374868_17095021.jpg


f0374868_17101164.jpg


f0374868_17105216.jpg
この日は内部も公開されたが、館内撮影は禁止。


f0374868_17111379.jpg


f0374868_17112888.jpg


f0374868_17115057.jpg


f0374868_17120647.jpg


f0374868_17132619.jpg


№335



[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-10-30 12:00 | 京都府

武田道修町ビル(再訪)

製薬会社が軒を連ねる道修町にひと際目立つ存在
江戸時代から日本を流通するすべての薬はまず道修町(どしょうまち)に集められた。武田薬品工業は薬の町として発展した道修町で1781年に薬種仲買商を始め、1925年に武田長兵衛商店を設立、3年後にこの本社を建てた。正面部分に古典風の柱装飾をさりげなく取り入れたモダンビルは最初は右側(北西部分)の3階建てであったが、後に5階に増築されて現在の姿になった。全然増築部分が違和感なくまとめられているが、よく見ると軒飾りの違いに気付く。窓は階毎に全部デザインを変えてある。外壁のタイルは色が少しづづ違うのも今ではもう無くなってしまった味わい。
2013年耐震補強工事を終えて、武田科学振興財団が所有する杏雨書屋(きょううしょおく)が移転してきた。貴重な医学書などの蔵書を無料で一般公開されている。

所在地:大阪市中央区道修町2-3-6
建築年:1923年(昭和3)
構 造:鉄筋コンクリート造3階建、地下1階(後に5階に増築)
設 計:片岡建築事務所(松室重光)

f0374868_11335353.jpg


f0374868_11341254.jpg

北側が建物の正面




f0374868_11350499.jpg
向って左側が増築だと知らなかった時は左右非対称のモダンな建物だ思っていたが、もしかしたらここが中央で最初の玄関だったのかもしれないと思ったりする。そうならシンメトリーの古典的な印象の建物だったはず。それにしても丁寧でうまい増築だと思う。大切にされている建物であることがよく解る。


f0374868_11352448.jpg



f0374868_11355510.jpg


f0374868_11361509.jpg
アールの左側が後年の増築部分




f0374868_11371638.jpg


f0374868_11373132.jpg
今回整備された「杏雨書屋」(きゅううしょおく)の入り口:杏雨とは杏林(医学界)を潤す雨という意味だそう。


f0374868_11374379.jpg
西側:奥まった部分が後の増築


f0374868_11380225.jpg




f0374868_11381566.jpg

№2





[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-10-26 12:00 | 大阪府

被差別部落の住民らによって設立された日本で唯一の銀行
明治期の銀行建築の様式をよく表しているこの建物は柳原町(崇仁すうじん地域)の村長明石民蔵ら地元有志によって明治32年に設立された柳原銀行の店舗として建られた。
差別のため資金を得られなかった皮革業者等に融資を行い産業の育成、発展に大きく貢献したほか、その利子を地元の小学校の運営資金や道路建設資金に充てるなど自力で差別撤廃を進める模範となった。
大正期には山城銀行と改称して業績を伸ばしたが、金融恐慌などの影響を受け昭和2年に倒産した。その後建物は借家、商店などに使われたが、昭和61年国道24号線拡幅工事のため取壊し案が持ち上がった。これを契機にまちづくりのシンボルとしてこの建物を保存しようという運動が盛り上がり、元の場所のすぐ近く(斜め向い)に移築復元さた。保存の為の解体調査により建築年や設計密度の高い貴重な明治期の洋風木造建物であることが判明した。なお京都に現存する銀行建築では旧日本銀行京都支店(現在・京都文化博物館)に次いで2番目に古い。しかも1年しか違わない。

所在地:京都市下京区下之町6-3
建築年:1907年(明治40)
構  造:木造2階建
設  計:吉川吉之助
京都市登録有形文化財


f0374868_09362481.jpg



f0374868_09363830.jpg



f0374868_09365334.jpg



f0374868_09370476.jpg



f0374868_09371627.jpg
1階右側は後年金庫室として増築。



f0374868_09373012.jpg





f0374868_09390223.jpg



f0374868_09394715.jpg
1階の天井:透かし彫りの入った六角形の豪華な格天井は創建時の様子をとどめている。照明器具は同時期の銀行を参考に復元。


f0374868_09410551.jpg



f0374868_09412960.jpg
移築前、カウンターは既になくなっていたが銀行の営業室として使われていた竣工当時の姿に復元された。


f0374868_09425131.jpg
一階部分の階段は改築されていたが、二階部分を参考に復元。


f0374868_09423378.jpg



f0374868_09440413.jpg



f0374868_09442567.jpg

二階の天井も素晴らしい。

f0374868_09445695.jpg
移築の為の解体工事で見つかった棟札。


f0374868_09451797.jpg
外壁に弁柄を塗っていた時期もある。


f0374868_09453521.jpg
ドンツキの右側がかつての銀行。電車道の良い場所に建っていた。
この写真は外壁の色が違うようだが解体調査の当初の色が判明したのでこの色で復元。


№334










[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-10-23 12:00 | 京都府

地元の竜山石や御影石が使われた元銀行建築
現在は商工会議所として使われているが、かつて工業都市として大きく発展し続けた高砂経済の中心的存在であった旧高砂銀行の本店として建てられた。
当時の銀行建築の典型的なスタイルであるが、地方銀行の店舗としては非常に豪華な造りであった。現在外観は綺麗に塗装されてわかりにくくなってしまったが基壇の部分には地元の竜山石が使われているとか。
内部は2階の天井に当時の様子が残されている。この装飾のも豪華で、当初は吹き抜けの天井を1階から見上げていたと思われる。

所在地:高砂市高砂町北本町1104
建築年:1937年(昭和12)
構  造:鉄筋コンクリート造
設  計:
兵庫県景観形成重要造形物


f0374868_23085416.jpg


f0374868_23090910.jpg


f0374868_23092391.jpg


f0374868_23094301.jpg


f0374868_23095929.jpg


f0374868_23101827.jpg


f0374868_23103457.jpg

№333






[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-10-16 12:00 | 兵庫県

魚町倶楽部

技術指導に招いたアメリカ人技師の住居として
(旧称)神戸製紙所高砂工場内にアメリカ人技師M.J.シェイ氏の住居として建てられた明治の木造洋館。
神戸製紙所は明治31年創立のアメリカ人が経営する会社であったが、旧三菱財閥の岩崎久弥氏が譲り受け、社名も三菱製紙所と変わった。もとは神戸にあったが水不足のため、技術指導に来たシェイ氏の推奨により、水の豊富な高砂に移転した。
シェイ氏退職のあとは当地(工場から少し離れた街なか)に移築され、最初は職員専用の倶楽部、大掛りな修繕を経て現在は三菱製紙株式会社の福利厚生施設として使われ、会社の歴史を語る建物として大切にされている。
内部は時期毎に変ってきた用途に応じて改造されているが、階段廻りやベランダ、暖炉などに建設当時の様子、明治の洋館らしさ見る事ができる。

所在地:高砂市高砂町魚町551
建築年:1904年(明治37)
構  造:木造2階建
設  計:


f0374868_08424629.jpg

f0374868_08431625.jpg


f0374868_08432679.jpg


f0374868_08434751.jpg


f0374868_08440228.jpg

右側は後年の増築と思われる。本館とは少し仕様が違う。
この妻面が下の写真でハーフティンバー風(柱などの構造材を見せて装飾を兼ねている)


f0374868_08441998.jpg


f0374868_08443452.jpg

明治期の洋館はここでも例外ではなく、やはり和館と繋がれている。(奥に和館が見える)



f0374868_08445538.jpg


f0374868_08451053.jpg



f0374868_08452506.jpg


f0374868_08454786.jpg


f0374868_08460661.jpg

煉瓦の基礎


f0374868_08463590.jpg

珍しい内折れ戸の玄関ドア。


f0374868_08470784.jpg

玄関の横には直接バルコニーに出られるドアがある。無くても何も問題はないようなドアであるが、
生活を楽しむ工夫というかこの時期のゆとりというか・・・


f0374868_08473355.jpg



f0374868_09231239.jpg

1階の暖炉


f0374868_08481838.jpg

f0374868_08483554.jpg


f0374868_08485529.jpg


f0374868_08491944.jpg


f0374868_08493128.jpg

サンルームの内外


f0374868_08501595.jpg


f0374868_08503120.jpg

2階の暖炉にはイギリス風のタイルがあしらわれている。


f0374868_08504925.jpg

この建物のシンボルである3つ穴の煉瓦の煙突。


№332















[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-10-09 12:00 | 兵庫県

阪神間郊外住宅の先駆け
朝日新聞社の創業者である村山龍平(むらやまりょうへい)が御影に構えた居宅であった。まだ大阪では職住近接が一般的であった時期に仕事場と住居を別にする郊外住宅の先駆けとなった。
これをきっかけに、大阪、神戸の富豪達が次々に御影に数千坪単位の広大な土地を求めて移り住み、長者住宅が立ち並ぶ郊外住宅地となった。
村山は東洋の古美術のコレクターでもあった事から、現在はその膨大な蒐集物を収蔵、展示する香雪美術館として庭園、建造物文化財と共に管理されている。
自然の地形をそのまま生かした数千坪に及ぶ庭園には洋館の他に和館の玄関棟、書院等、茶室棟、美術蔵、衣装蔵、などがあり、いづれも近代和風建築の質の高いものであり村山の趣味、教養を偲ばせる素晴らしいものである。村山は一番最初に洋館を建て、ここで暮らしながら自身の趣向を取り入て順次に和館を建てた。
「香雪」は茶人であった村山の雅号に由来している。

所在地:神戸市東灘区御影群家2-12-1
建築年:1909年(明治42)
構  造:地下・1階が煉瓦造 2階が木造
設  計:河合幾次(伊東忠太らと同期)
国重要文化財 (土地、建物とも)


f0374868_12013324.jpg

永遠に続くように見える御影塀。(ごろごろとした御影石を積み上げたこの地独特のもの)




f0374868_12014813.jpg

煙突がこの館の装飾性をさらに高めている。曲線のハーフティンバーが優雅で豪華。


f0374868_12021061.jpg


f0374868_12022828.jpg


f0374868_12024785.jpg


f0374868_12032941.jpg

f0374868_12035376.jpg


f0374868_12040564.jpg






[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-10-02 12:00 | 兵庫県