文豪自ら設計した和モダンの住まい
奈良は美しい所だと、かねてから志賀直哉の憧れの土地であったが、この辺りは春日山の原生林や飛火野の芝生が借景となり、静かで風光明媚な屋敷街。古くは、春日大社の神官たちの屋敷もあった。
志賀が自ら設計して、京都の数寄屋大工に依頼して新居を建てた。数奇屋を基調にしながらも、さりげなく洋風を取り入れ、特に食堂、サンルームなどは細部にわたって彼の好みにこだわったハイカラな部屋であった。
理想的な土地柄を求めて、志賀と前後して、多くの画家、文人たちが移り住み、高畑族という言葉も生まれ、やがて志賀邸はこうした人たちのサロンのようになり文化活動の核となった。そして「高畑サロン」と呼ばれるようになった。
充実した奈良の生活であったが、古い文化や自然に埋没して時代遅れになろうとしている自分を見て、更なる発展を求めて、東京へ転居した。ここでは9年間暮らしたが、彼は一生のうち28回転居した人。

所在地:奈良市高畑町1237-2
建築年:1928年(昭和3)
構  造:木造2階建て
設  計:志賀直哉
国登録有形文化財


f0374868_17370127.jpg

外観は純和風の建物


f0374868_17374438.jpg




f0374868_17380962.jpg




f0374868_17384353.jpg




f0374868_17393394.jpg

和洋折衷の書斎:和室の畳を板張りに変えたような感じの部屋であるが、窓にこだわりがある。
引違い窓ではなく、引き分けて開口部が全開する。


f0374868_17400925.jpg

庭を見おろすためにあるような2階の二部屋


f0374868_17410869.jpg

食堂はこの家で一番広い部屋。単なる食事の部屋ではなく、自由な団欒や、応接にも使えるように設計されている。
現代の一般住宅には普通になった考え方であるが、この時すでに取り入れられていた。



f0374868_17413469.jpg

食堂の隅に革張りのソファーがあり、開放的なサンルームにつながる。


f0374868_17420130.jpg

サンルーム、ここは文人や画家たちが集う絶好の場所だったと思う。居心地が良くて、つい足が向いたのでは?


f0374868_17424362.jpg

和風建築でありながら天窓があり、明るい。


f0374868_17432019.jpg

まさに和洋折衷



f0374868_17434216.jpg

裏千家関係の大工(下嶋松之助)が建物のどこか茶室を造りたいと提案してできた本格的な茶室。


f0374868_17440562.jpg

庭の白梅が少し咲いていた。


f0374868_17442071.jpg

南と北に広い庭があり、中庭もある。平面図を見ると敷地の広さを実感する。







[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-02-21 12:00 | 奈良県

高畑族の洋画家が設計した住居
ガーデンカフェ【たかばたけ茶論】というほうが分かる人が多いと思う。洋画家足立源一郎がフランスから帰国して、大正8年に南プロバンスの田舎家を模して、自邸を建てたと伝えられている。これを洋画家中村義夫が昭和3年に譲り受けた。内部は非公開であるが、奈良教育委員会の案内板によると、ステンドグラスの玄関、吹き抜けのアトリエ、サンルームがあるという。元々「高畑サロン」とは、隣にある志賀直哉旧居に画家や文人達が集い、こう呼ばれるようになったらしい。高畑サロンの経緯は次回志賀直哉旧自邸で取り上げる予定。

所在地:奈良市高畑町1247
建築年:1919年(大正8)
構  造:木造2階建
設  計:洋画家・足立源一郎
国登録有形文化財(主屋・塀)


f0374868_18371070.jpg


f0374868_18371900.jpg


f0374868_18372732.jpg
この辺りは明治初頭まで、春日大社の神官たちが土塀で囲った屋敷で暮らしていた。
この歴史を引継いで、広い敷地に当地特有の土塀が巡らされている。瓦は洋館と合わせて赤瓦で。


f0374868_18373800.jpg

こちらはカフェの入り口。街並みに合わせて土塀には黒い瓦が使われている。



f0374868_18380127.jpg



f0374868_18375214.jpg


f0374868_18381258.jpg


f0374868_18595709.jpg


f0374868_18382023.jpg



f0374868_18382958.jpg


f0374868_18384265.jpg
ステンドグラスは中から見ないと・・・な。


f0374868_18385286.jpg

鬱蒼として、洋館の全貌は見る事ができない。


f0374868_18390477.jpg


f0374868_18391727.jpg

35年程前に庭の隅にカフェとして造られた建物。



f0374868_18392970.jpg

25年前に訪れた時は洋館の存在は知らなかった。カフェはその時と何も変わっていない。







[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-02-17 12:00 | 奈良県

旧陸軍社交場の風格
ルネサンス様式の洋館物は旧陸軍将校の社交場として建てられた。現存する偕行社(かいこうしゃ)の建物の中で最も美しいといわれている。
この広いグランドは明治から太平洋戦争の時期まで練兵場であった。洋館は長い歴史の中で、西へ西へと100mづつ2回移築されているが、今も建てられた頃と同じ気品のある姿で佇んでいる。現在は各種の集会室や、レストランもあり、結婚式場でもあり、多用途に使われている。
戦後は米軍接収を経て、昭和25年から昭和42年まで岡山労働基準局の庁舎に使われ、合宿所となり、老朽化などで10年間閉鎖の後、保存再生工事が行われて復活された。
激しかった空襲で焼けず、2回も移築して、よく残してくれたと思う。綺麗に整備されて近代的なグランドは、かつて練兵場だった事を忘れないためにも。


所在地:岡山市北区いずみ町1-1
建築年:1910年(明治43) 1950年改修 1968年・2003年移築
構  造:木造2階建
設  計:

国登録有形文化財


f0374868_14432793.jpg




f0374868_14434159.jpg




f0374868_14435076.jpg

窓下にかわいい飾り この花は明治の建物にはよく登場する。



f0374868_14440299.jpg




f0374868_14441400.jpg




f0374868_14442563.jpg




f0374868_14443937.jpg

ペンキで埋もれてちょっと残念だが、とても豪華な柱頭飾り



f0374868_14445052.jpg




f0374868_14450040.jpg




f0374868_14451451.jpg



f0374868_14452329.jpg




f0374868_14454991.jpg




f0374868_14460534.jpg



f0374868_14462776.jpg




f0374868_14464268.jpg

旧陸軍の星のマークが入った階段の親柱。
なぜ星?諸説があるようだが桜の花を前から見たのが海軍、裏から見たのが陸軍、つまり花の萼「がく」なんだそう。
いかにもこじ付けらしくてこの説がいいなと思う。
そういえば呉市で見た旧海軍庁舎には柱頭にも桜の花があしらわれていたし、錨「いかり」にも桜の花が添えられていた。




f0374868_14470334.jpg




f0374868_14473156.jpg

すごいなーこの装飾、よく残ってくれたと思う。




f0374868_14475265.jpg


f0374868_14480929.jpg


f0374868_14483019.jpg

天井を見ると元は2階全体が大広間だったようだ。



f0374868_14484600.jpg

現在ここはレストランとして使われている。



f0374868_14490651.jpg


f0374868_14492767.jpg

創建の頃と106歳の今




[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-02-05 12:00 | 岡山県