大津市庁舎

琵琶湖を望む和風のモダニズム

明治31年に市政がひかれ大津市となった。最初の庁舎は小学校の旧校舎を利用した擬洋風の町役場をそのまま使い、次に大正5年には閉店した三井銀行大津支店の洋風建築の旧店舗を無償で借受ての市庁舎であった。やがて大正年間には狭さが問題化し、3代目新市庁舎を建設するにあたり、候補地をめぐって3転、4転したが、昭和40年4月当地への移転が決まった。設計は当時多くの市町役場、区役所を手がけ圧倒的な実績を残していた佐藤武夫に特命された。山と湖が織りなす穏やかな地形と気候風土、江戸時代から栄え、深い歴史を重ねた生活や街並みを表現する大津市庁舎として、はっきり和風建築を連想 する建物。日本古来の木造建物の様子を鉄筋コンクリートで表現してあることが特徴。(洋館ではなく建築時期も昭和の中頃、当ブログのタイトルからは外れるが、建替え案も浮上しており、記憶しておきたい名建築なので取り上げた)

所在地:大津市
建築年:1967年(昭和42)
構  造:鉄筋コンクリート5階建地下1階
設  計:佐藤武夫

f0374868_14580779.jpg


f0374868_14581840.jpg


f0374868_14582584.jpg


天智天皇の水時計の故事にちなんで造られた時計塔。竹の節のように上へ行くほどに節が長くなる。




f0374868_14583453.jpg


f0374868_14584791.jpg


f0374868_14585563.jpg


f0374868_14590450.jpg


f0374868_14591571.jpg


f0374868_14592974.jpg


f0374868_14593903.jpg


用途毎にブロックに分かれた建物回廊でつなぐ。



f0374868_15000095.jpg

館内階段


f0374868_15003358.jpg

自然を積極的に取り込む。 内側に場違いなフェンスが取付られて残念。



f0374868_15004414.jpg


f0374868_15005696.jpg

議場


f0374868_15010884.jpg



f0374868_15013119.jpg



f0374868_15014998.jpg


f0374868_15020960.jpg

4年後に増築された別館 本館と別館の間はあえて繋がず、背後にある弘文天皇陵を見通すために開けて、駐車場としてあった。
歴史的環境を配慮しての計画であったが、現在はこの隙間にも7階建ての新館が建っている。


f0374868_15022245.jpg



f0374868_15024123.jpg



f0374868_15025536.jpg






[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-01-31 12:00 | 滋賀県

河原町通に武田五一の建物が、二つ並んで

保存が決まった京都市役所本館の北側に、計測機器を作っていた旧島津製作所本社がある。どちらも武田五一が顧問として設計に係わった建物が河原町通に二つ並んでいる。正確にいうと間に一つ市役所の別の建物があるが。
旧島津製作所の建物は外観をほとんど変えずに、フレンチレストランと結婚式場として2012年3月にオープンした。内部は用途なりに改修されているが、古いエレベータを残すなど歴史的建物の持ち味を大事にしてある。網入りガラスのスチールサッシは当時のまま使用されていると思う。レストランは人気で待つ事が多いらしい、若い人から年配までいろんな年代の人が自然な感じで入っている珍しい店。

所在地:京都市中京区河原町通二条下ル一の船入町386-1
建築年:1927年(昭和2)
構  造:鉄筋コンクリート造4階建地下1階
設  計:武田五一(顧問)・荒川義夫

f0374868_08511164.jpg



f0374868_08512363.jpg




f0374868_08515353.jpg




f0374868_08520354.jpg



f0374868_08523584.jpg




f0374868_08530353.jpg



f0374868_08531426.jpg




f0374868_08532437.jpg




f0374868_08533491.jpg

店の名前は左の小さい表示だけ



f0374868_08534377.jpg



f0374868_08535483.jpg

モダンな柱頭飾り



f0374868_08541260.jpg




f0374868_08542710.jpg

ドア廻り石とタイルの組合せが格調高い



f0374868_08544064.jpg




f0374868_08550709.jpg




f0374868_08552413.jpg




f0374868_08553801.jpg




f0374868_08555216.jpg




f0374868_08560522.jpg

こちらは結婚式場の入り口として新設されたようで古い写真を見ると別の建物が建っている。この先に増築されたチャペルがある。



f0374868_08561855.jpg




f0374868_08570346.jpg




f0374868_08572282.jpg




f0374868_08574606.jpg

3階は楕円の窓とアーチ窓




f0374868_08581697.jpg

4階は四角い窓



f0374868_08583594.jpg




f0374868_08585540.jpg

階段室の窓が階毎に違う形でおもしろい。 庭の写真を撮り忘れたが街の中に竹藪のような清々しさ。




[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-01-17 12:00 | 京都府

水間観音駅舎

水間寺参詣客を迎える駅舎
水間寺は通称水間観音と呼ばれて初詣に訪れる人で大変な賑わい。参道は歩けない程の人出。
大正13年に水間鉄道が開通した。大正15年、当時このあたりでは珍しい鉄筋コンクリート造でありながら、水間寺の三重の塔を意識した和風の意匠。一方左右対称の両端は円筒形の待合室を設けて洋風の意匠も取入れてある。改札の手前で塔部分の吹き抜けを見上げると中国風と思えるデザインの窓。解説によると卍崩しのデザインということであるが、縦長窓は洋館の特徴の一つでもある。
シルエットが印象的で、写真映えする建物であるが、現地へ行くと思いの外小さいし、ディテールがお粗末な気がする。元々なのか後の改修でこのようになったのかはよく解らない。
平成21年には水間駅から水間観音駅に改称された。近畿の駅百選にも選定されている。

所在地:貝塚市水間260
建築年:1926年(大正15)
構  造:鉄筋コンクリート造2階建
設  計:

国登録有形文化財


f0374868_20435179.jpg

右側は紅白幕で隠れているが、左右対称の駅舎で右側にも円筒形。



f0374868_20440238.jpg




f0374868_20441271.jpg




f0374868_20442811.jpg




f0374868_20444394.jpg

建設された時は「水間駅」と云っていたので右から書いた昔の駅名が上に残してあり、
(左から読もうとして古い駅の字がすぐには読めなくて)下には新しい駅名「水間観音駅」がある。
ここはローカル線・単線の終着駅。ポストの奥は駅員室でアーチ窓が見える。やはりモダンな洋館の駅舎。



f0374868_20451424.jpg

美しい水間寺のシンボル、三重の塔。駅舎はこの三重の塔をオマージュしたのは間違いない。




f0374868_20450423.jpg




[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-01-10 12:00 | 大阪府