立花伯爵家の迎賓館として建てられた白亜の西洋館

柳川藩5代目藩主立花貞淑(さだよし)はこの地に別邸を設けた。このあたりは江戸時代から「御花畠」呼ばれていたことから柳川の人達は「御花」と呼ぶようになる。
明治になると、立花伯爵家の邸宅になり、14代目当主寛治(ともはる)によって迎賓館としての西洋館とこれに繋がる和館の大広間、座敷からの眺望を楽しむ庭園も整備された。
西洋館建設当時はすでに自家発電所が設けられ、シャンデリアや電気器具が使われていた。ランプシェードや家具類など昔のまま今に伝わるものが多く残されている。
戦後、華族制度廃止により立花家ではこの屋敷を手放さなければならない状況にあった時、16代目当主立花和雄はここを料亭旅館「御花」とすることによって先祖から伝わる名建築を後世に残す事にした。
昭和53年には、西半分の「松濤園」が国の名勝に指定され、平成23年には7000坪ある御花の敷地全体が「立花氏庭園」として改めて国の名勝に指定された。西洋館はこの庭園の一部分であり、庭園目当ての来訪客が圧倒的に多く、意外に西洋館は知られていない。ここではあえて西洋館に的を絞り外観とインテリア2回に分けて。

所在地:柳川市新外町1番地
竣 工:1907年(明治40)
構  造:木造2階建
設  計:西原吉治郎

 

f0374868_20363506.jpg



f0374868_20371951.jpg



f0374868_20372578.jpg



f0374868_18582219.jpg


f0374868_20374752.jpg



f0374868_20375942.jpg


f0374868_20380844.jpg
車寄せの上に2階部分が張り出した特徴のある外観。


f0374868_20383275.jpg


f0374868_20383960.jpg
西玄関


f0374868_20521608.jpg


f0374868_21092064.jpg


f0374868_20393556.jpg


f0374868_20580000.jpg
和館の大広間から西洋館を見る。


f0374868_20401637.jpg
中庭を持つ回廊式の邸宅で和館に繋がる。


f0374868_20404828.jpg
西洋館、和館と共に整備された庭園「松濤園」


f0374868_20410220.jpg


f0374868_20413032.jpg
門の左手には煉瓦塀が残っている。

f0374868_20415410.jpg
夕食 (平日限定プランの海老抜き) デザートは草餅だった。


f0374868_20414677.jpg
敷地外周には堀が廻る。昨夜の台風をかかえた大雨で、水位が上がっている。


f0374868_20422684.jpg
朝食(炭酸水の湯豆腐など品数が多くてびっくり!デザートはヨーグルト) 


注:西洋館・和館の大広間共、土日は結婚式、会合などで使われていると見学できない場合がある。
 





[PR]
by gigi-yo-ko | 2015-07-26 10:50 | 福岡県