人気ブログランキング |

任天堂 旧本社

左からトランプ・右からかるたの表札、モダンな旧本社
JR京都駅から徒歩で10分ぐらいの所、伝統的な京都の街並みの中にひと際異彩を放つ任天堂の旧本社が残されている。公開されていないので、外観しか見る事ができないが、興味が尽きない魅力的な建物。現在は全く使われていないようだが、管理は行き届いて美しく保たれている。
今やファミコンで世界企業になった任天堂は、明治22年に山内房治郎が古家を買って、花札の製造販売を始めたのが始まり。明治35年には日本初のトランプも製造した。
間口は狭く奥へ長い土地に、本社、本宅・・・と3棟続いているが建物の意匠はそれぞれ違う。明るい色のタイル壁で統一されているので(それぞれ違う種類のタイルではあるが)、3棟の統一感もある。全部が同時期に建ったようではないが、順番に増築されたのかよく解らない。

所在地:京都市下京区正面通木屋町東入ル
建築年:1930年(昭和5)
構  造:鉄筋コンクリート3階建て
設  計:増岡建築事務所 増岡能三・田中義光

f0374868_13030760.jpg



f0374868_13031981.jpg
モダンな欄間を撮るのを忘れた。(円と直線でデザインされたアールデコ風)



f0374868_13033194.jpg


f0374868_13033993.jpg
玄関の左手を覗くと思いがけずカラフルなタイル。地下への採光窓だったよう。



f0374868_13034967.jpg
1枚が5㎝角位で珍しいサイズのタイルでとても綺麗。正面からは見えないところに、こんなデザインがされている。



f0374868_13041159.jpg
左右非対称の意匠を真正面から撮りたいところだが、道が狭くてどうしても撮れない。



f0374868_13042423.jpg
玄関廻りや面格子に丸福のマークが見えるが企業のHPによると、昭和22年には株式会社丸福を設立となっている。
建物の竣工は昭和5年であるが、昭和22年・この時期に玄関や面格子等を改装されたのかもわからない。



f0374868_13043354.jpg
何かを意味しているのか?アールデコのベランダの明かり取り。




f0374868_13044350.jpg
本社から本宅へ繋がる。



f0374868_13045290.jpg
本社は完全な洋館に対して本宅は和洋折衷の意匠。



f0374868_13170015.jpg
塀は修復されたばかりのようで綺麗だが、モダンな横線のスクラッチタイルの上の和瓦が乗ってこちらも和洋折衷。
(扉の右手には古い呼び鈴もある)





f0374868_13050937.jpg
和風の煙出しのような・・・煙突?が屋根にあり、台形の出窓が洋風。



f0374868_13045290.jpg


f0374868_13053877.jpg


f0374868_13055081.jpg


f0374868_13061184.jpg


f0374868_13062452.jpg
本宅とはまた違ったタイルが使われている。



f0374868_13064162.jpg



f0374868_13065476.jpg


f0374868_13071867.jpg
倉庫として使われていたらしいが横線を強調した堂々とした建物で、なぜか私は竜宮城(伝説に出てくる海底にある城)を思い浮かべた。



f0374868_13074905.jpg


f0374868_13081131.jpg
この方向から見るとタイル壁ではあるが蔵のように見える。




by gigi-yo-ko | 2012-12-27 00:00 | 京都府

迫力の銀行建築
大きいので前の歩道からは円柱(イオニア式のオーダー)しか見えません。太い柱に圧倒されるばかりです。反対側の歩道から見ると御影石のギリシャ神殿風の建物の全貌が現れます。新古典主義の銀行建築そのもの。建物の上部に神話などで見覚えのある図柄が並んでいます。「2匹の蛇が巻き付いた杖」これは商業の神ヘルメスが持っていた杖の図案です。(余談ですが、幻のソースといわれるヘルメスソースのラベルにもこの図柄が使われています。)
比較的新しい昭和11年の竣工ですが戦前の最高建築事務所といわれた曽禰中条建築事務の最後の作品だそうです・・・内部も見てみたいものです。


所在地:大阪市中央区高麗橋1-8-13
建築年:1936年(昭和11)
構  造:鉄骨鉄筋コンクリート2階建て地下1階
設  計:曽禰中条建築事務所

f0374868_21271798.jpg



f0374868_21200392.jpg


f0374868_21280590.jpg


f0374868_21274974.jpg


35




by gigi-yo-ko | 2012-12-07 12:00 | 大阪府

合理性を追求した鎮ブロックによる四角い箱のような教会
1920年前後に中村鎮(なかむらまもる)によって発明されたL型のブロックを組合わせて鉄筋を通し、外壁を作る方法は時間や手間を省け、コストダウンにもつながる。強度も強く1923年の関東大震災では鎮(ちん)ブロックの建物は1棟も倒壊しなかったという。内部空間は、梁、柱、アーチを用いて鉄筋コンクリートで造られている。大阪には天満教会がもう1棟存在し、出身地の福岡には福岡警固教会が残されている。モダニズムに到達する前に、いろんな工法が模索されていたこの時期ならではの建物。
この島之内教会は大阪ミナミの歓楽街の中にあるが、館内は外の喧騒を忘れるほど静かでおごそかな空気が漂う。一方ではジャズ演奏や上方落語の寄席などの文化活動にも使われている。

所在地:大阪市東心斎橋1-6-7
建築年:1928年(昭和3)
構  造:中村式鉄筋コンクリート建築法3階建
設  計:中村鎮
国登録有形文化財

f0374868_12021028.jpg




f0374868_12022792.jpg




f0374868_12024021.jpg




f0374868_12052819.jpg

側面を見るとブロックで造られていることがよく解る。




f0374868_12031251.jpg




f0374868_12032957.jpg

聖堂の中央入口 なんと読むのだろう。




f0374868_12034881.jpg




f0374868_12035945.jpg




f0374868_12043363.jpg




f0374868_12041761.jpg





by gigi-yo-ko | 2012-12-06 12:00 | 大阪府

奈良ホテル


奈良の景観を配慮した優美な姿の和モダンホテル
日露戦争の後、外国人観光客の急増に対応するために、都ホテル創始者・西村仁兵衛、奈良県、鉄道院の3者で計画が進められ、明治42年に竣工・開業し、すでに100年を超えたホテル。
入母屋造りの屋根には鴟尾(しび)が上がり、漆喰壁に骨組みを露出させた真壁風の造り、舟肘木(ふなひじき)、内部は格天井(ごうてんじょう)など寺院建築を思わせる本格的和風建築のこだわりを見ますが、単に和風に回帰したものではなく、洋風建築を理解した新しい時代の和洋折衷様式といえます。ベットといすの生活に対応すべく天井高は従来の日本間より高く、柱の間には洋館に見る縦長の上げ下げ窓が設置されています。内装は豪奢な桃山御殿風と重厚なドイツ風が混在します。


所在地:奈良市高畠町1096
建築年;1909年(明治42年)
構  造:木造2階建て
設  計:辰野金吾・片山安  工事監理:河合浩蔵
近代化産業遺産


f0374868_19451684.jpg




f0374868_19474276.jpg




f0374868_19494144.jpg




f0374868_20330497.jpg


f0374868_20102116.jpg




f0374868_19500679.jpg

舟肘木:柱の上部に有る小さい横材。この上の丸桁(がぎょう)を支えています。

f0374868_19501883.jpg


f0374868_19502898.jpg

ダイニングルーム 三笠



f0374868_20310668.jpg


f0374868_19511911.jpg

2重になった建具、外側は明治初期の洋館に見かけるフランス窓(バルコニーなどに出る開き戸)
内側は和式の引き戸。後で写真を見て気が付きました。

f0374868_19513323.jpg

吹き抜けのエントランスにフロント




f0374868_19514628.jpg

昭和19年の金属供出では階段・柱頭の真鍮製の擬宝珠まで供出し、代わりに地元名産の赤膚焼で陶製の擬宝珠が取付られました。
7代目の大家・大塩正人作で、以降はホテルの名物の一つだそうです。



f0374868_19520169.jpg




f0374868_20061451.jpg

2階の吹き抜けの周りとこれに続く客室廊下は柱の見えない大壁造り(洋風の仕上げ)です。


f0374868_19523652.jpg




f0374868_19531103.jpg
大正3年、一年をかけて従来の暖炉による暖房からスチームヒーターによるセントラルヒーティングに全館切り替えられました。
暖炉の煙突は順次撤去されましたが、各室の暖炉は室内装飾として残されました。
このヒーターは手をかざしてみたら、今も使われています。

f0374868_19532778.jpg




f0374868_19543637.jpg




f0374868_19534331.jpg

1階 ロビー 桜の間


f0374868_19545437.jpg

大正11年12月アインシュタインが滞在中に演奏したピアノ



f0374868_19551282.jpg
2012.12.1 撮影


 













by gigi-yo-ko | 2012-12-03 12:00 | 奈良県