名古屋の近代化を象徴する美しい庁舎建築
中央にドーム屋根を持ち、赤煉瓦と白い花崗岩の色調が重厚で華やかなネオバロック様式の建物。
大日本帝国憲法が公布された翌年、明治23年に近代司法制度が確立され、各地に新しい裁判所庁舎が建築されるようになった。この建物は名古屋に於いて、控訴院と地方裁判所、区裁判所の三庁舎を一カ所に集めることになり新しく建設された。構造は壁を煉瓦で組み、床、梁、階段などを鉄筋コンクリート造、屋根の骨組は木で造られている。このように煉瓦とコンクリートを併用した構造は近代建築が移り変って行く一時期特有のもので、この視点でも重要とされている。なお現存する控訴院の建物では当館が最古。
1922年(大正11)に竣工して1979年(昭和54)中区三の丸に新庁舎ができて移転するまで中部地方の司法の中心的役割を担ってきた。
1985年(昭和60)から1989年(平成元年)には、保存修理、復原工事が行われて現在市政資料館として、活用しながら一般公開されている。復原方針については現在の用途を生かしながらも可能な限り建築当初の姿に戻された。今回は時間的に見学ができなかったが、3階には重要文化財の内装指定を受けた会議室や、1階には留置所、便所など見どころが多いようだ。 (以上は平成23年度名古屋市政資料館年法を参考)

所在地:名古屋市東区白壁1-3(名城公園内)
竣 工:1922年(大正11)
構  造:煉瓦造及び鉄筋コンクリート造3階建、一部塔屋付
設  計:司法省営繕課(山下啓次郎・金刺森太郎)
山下啓次郎はジャズピアニスト山下洋輔の祖父にあたり、奈良少年刑務所など全国各地に刑務所を設計した人として知られている。
国登録重要文化財

f0374868_12555258.jpg



f0374868_12560358.jpg


f0374868_12561259.jpg



f0374868_12562970.jpg


f0374868_12564371.jpg



f0374868_12570063.jpg



f0374868_12571613.jpg



f0374868_12580750.jpg



f0374868_12573691.jpg



f0374868_12582775.jpg



f0374868_12584925.jpg



f0374868_12590700.jpg



f0374868_12592589.jpg



f0374868_12594101.jpg



f0374868_13000131.jpg
この上のドーム天井にもステンドグラスが入り、美しい空間となっている。
モチーフである天秤の図案は罪と罰が吊り合う事を意味している。



f0374868_13002369.jpg







[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-07-24 12:00 | 愛知県

名和昆虫博物館

全体を直線で構成したモダンな意匠、玄関は歴史建築回顧風
昆虫学者・名和靖の還暦を記念して県人・林武平氏の寄付により建てられた、白いタイルを貼った煉瓦造の建物。内部中央にある3本の巨木丸柱は奈良唐招提寺金堂と講堂を解体修理時に出た白蟻被害木(約1200年前のヒノキ材)を譲り受けて、防蟻処理の上再利用している。初代館長名和靖の白蟻研究の一環として被害木を利用しつつ保存している。また積極的に西洋の新しい建築の動きを取り入れる一方で、日本の茶室、社寺保存修理にも力を入れていた武田五一ならではの考えも反映されている。なお隣接する記念昆虫館(明治40年竣工)の中には六角堂も残されていると聞く。
現存する最古の昆虫博物館として、現在5代目の館長によって運営される私立博物館である。

所在地:岐阜市大宮町2-18岐阜公園内
竣 工:1918年(大正8)
構  造:煉瓦造2階建
設  計:武田五一(実施設計は武田五一の教え子・吉武東里)
国登録有形文化財
都市景観重要建築物(岐阜市)


f0374868_15464986.jpg




f0374868_15472219.jpg




f0374868_15473833.jpg




f0374868_15480085.jpg

妻面の左右非対称のデザインに見入ってしまう。


f0374868_15481348.jpg




f0374868_15482754.jpg

覆輪目地(かまぼこ型にもりあがった手間のかかる目地)が使われている。


f0374868_15484088.jpg



f0374868_15485938.jpg




f0374868_16025165.jpg


f0374868_16031190.jpg



f0374868_15491967.jpg
2階の床を支えている中央の丸柱は明治38年、奈良唐招提寺金堂の解体修理時に取り出された物。


f0374868_15494301.jpg




f0374868_15500072.jpg




f0374868_15502385.jpg








[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-07-13 12:00 | 愛知県

赤い三角屋根にドーマ窓、メルヘンのような洋館
名和昆虫研究所はギフチョウの発見者で日本のファーブルと呼ばれた昆虫学者・名和靖によって、明治29年に開設され、その後岐阜公園内に移転して現在まで引き継がれている。
記念昆虫館は大阪朝日新聞紙上で寄付を募り名和の志に賛同した、多くの人の寄付により明治40年に竣工した。設計者は当時ヨーロッパから帰国したばかりの新進建築家であった武田五一であるが、実はこれ以前に二人は出会っている。少年時代に岐阜市に暮らした武田五一は、華陽学校に通って名和靖の教えを受けていた。高校生の頃武田五一は生物学者志望だったというので、子供の頃の夢を「かたち」にした建物であるともいえる。
標本収納庫として建てられたが、隣接する博物館がまだ無かった頃は展示室も兼ねていた。所蔵する昆虫標本は1200種、30万頭。(昆虫は何頭と数える事を始めて知った。)
現在は内部は公開されていないが、木造と煉瓦風タイル(常滑焼)を組合わせた外観は新緑に囲まれて趣がある。

所在地:岐阜市大宮町2-18岐阜公園内
竣 工:1907年(明治40)
構  造:木造2階建
設  計:武田五一
岐阜市重要文化財

f0374868_19205851.jpg


f0374868_19211122.jpg


f0374868_19212534.jpg


f0374868_19213961.jpg


f0374868_19214921.jpg

蝶が彫られた棟飾り。


f0374868_19221669.jpg


f0374868_19231472.jpg

屋根窓と壁の窓が同一面で繋がったように見える。中からはこの窓がどう見えるのか興味深い。



f0374868_19232525.jpg


f0374868_19233741.jpg

随分湿気がきついのが気がかり。何とかならないものか・・・。


f0374868_19235181.jpg


f0374868_19240586.jpg
昆虫碑は隣接して昆虫博物館を建てた大正6年に建立された。


№322









[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-07-10 12:00 | 愛知県

名古屋市役所本庁舎

名古屋城との調和を図った帝冠様式の庁舎
近代的なビルに和風の瓦屋根をのせた日本趣味のビル。中央時計塔の二層屋根の頂部には四方に鯱(しゃちほこ)が睨みを利かせている。外壁は当地特産のタイル駆使した独創的な意匠。
当庁舎は昭和天皇御大典事業として1933年(昭和8)に竣工した3代目の庁舎。デザインは一般公募により559通の応募作品から地元出身の平林金吾の案が採用された。
訪れた日が土曜日であいにく館内は見学できなかったが、内部の意匠も名古屋城本丸御殿を念頭にしてあり御殿の華麗さの生き写しと云われているそうだ。ぜひ平日に再度訪れたいと思う。

所在地:名古屋市中区三の丸1-1
竣 工:1933年(昭和8)
構  造:鉄筋コンクリート造5階建・地下1階 塔屋部分11階
設  計:平林金吾
国重要文化財

f0374868_15323147.jpg


f0374868_15335056.jpg

f0374868_15340228.jpg


f0374868_15341342.jpg


f0374868_15343930.jpg


f0374868_20132873.jpg



f0374868_15352568.jpg

f0374868_15353985.jpg

f0374868_15355225.jpg


f0374868_15360352.jpg

時計塔の屋根を拡大して見ると鯱(しゃちほこ)が見える。






[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-06-17 12:00 | 愛知県

洋あり、洋に和あり
陶磁器貿易商として財をなした春田鉄次郎が武田五一に依頼して建てた邸宅。
19世紀以降の建物は過去の様式に捉われずに施主や建築家の好みによって自由に選択、組み合わせた折衷主義の時代。この建物は手前に洋館、奥に和館から構成されていると解説されているが、洋館部分にも和の要素があり、和館部分にも洋のテイストがある。洋館、和館と分けて考える必要がないような気がするが。これ以前の洋館と和館を併設した邸宅は和洋はっきり違う物を繋いであり、両方の要素が混じる事は無かった。この違いが大正期の住宅の特徴でもあり、和洋を自在に操る武田五一の特徴でもあると思う。当時の最新デザイン・セセッションの流行期でありこの要素を館内で色々目にする事ができる。(セセッションはウィーンで始まった新芸術運動で武田五一が日本に導入した。)

所在地:名古屋市東区主税町3-6-2
竣 工:1924年(大正13)
構  造:木造2階建
設  計:武田五一
景観重要建造物

f0374868_16423851.jpg


f0374868_16424897.jpg


f0374868_16430349.jpg


f0374868_16431443.jpg

裏玄関(見学者の入り口) こけら葺きの庇は従来の和風建築では見た事がない曲線。



f0374868_16433379.jpg

裏玄関の天井:和でも洋でもない独自性。




f0374868_16434690.jpg

和室ではあるが、壁は洋風の布貼り。



f0374868_16435951.jpg
和洋の接続部:奥が和館、手前が洋館


f0374868_16441194.jpg
琵琶床がある立派な和室。写真を整理していて気付いたが、真っ白の壁の和室も珍しい。



f0374868_16442122.jpg
和風建築のいわゆる違い棚ではなくて、左右対称形の棚。和の様式にこだわっていないおおらかさ。



f0374868_16443194.jpg



f0374868_16444163.jpg
武田五一がデザインした家具。アールデコもしくはセセッションの特徴が見える。


f0374868_16445316.jpg



f0374868_16450813.jpg
細部の一つ一つが丁寧にデザインされている。


f0374868_16452545.jpg



f0374868_16453878.jpg
違い鷹の羽の家紋が透かし彫りされた和室廊下の手摺り。


f0374868_16455376.jpg
茶室の待合のようなスペースが造られた洋館の玄関。




f0374868_16462607.jpg




f0374868_16470526.jpg
玄関:現在はレストランの入り口として使われている。



f0374868_16471956.jpg



f0374868_16473348.jpg



f0374868_16481027.jpg



f0374868_16482131.jpg
 直線でデザインされた階段廻り。




f0374868_16485814.jpg




f0374868_16492728.jpg

現在はレストランのバーとして使われているが和洋折衷の部屋。(図面には洋室となっている)



f0374868_16494316.jpg




f0374868_16495590.jpg




f0374868_16502234.jpg




f0374868_16503747.jpg

この建物の中では最も古典的な洋室ではあるが、天井の4隅に違い鷹の羽の家紋があしらわれている。



f0374868_16505622.jpg




f0374868_16513988.jpg



f0374868_16515538.jpg

ドア枠は薄く見せる(軽快な感じ)ように斜めに傾斜してある。この点もセセッションの要素。




f0374868_16522606.jpg

本来の洋間に有った天井と壁の区切り(廻縁)が無く、角はアールが取られている。
天井の装飾もさりげなくすっきりとして、幾何学的デザイン。



f0374868_16525968.jpg

井桁に組まれた換気口は和の要素を感じるが、セセッション風でもある。
セセッションは和の影響を受け、ヨーロッパで熟成され再び日本に導入された経緯があり、日本に馴染みやすかったといわれている。


f0374868_17331172.jpg




f0374868_16534254.jpg

和館と洋館の接続部天井は洋ともとれるデザイン。



f0374868_16540260.jpg

さらに装飾を省略した(少なくした)美しい天井。


f0374868_16541959.jpg

天井と壁の区切りが無くアールが取られている。


f0374868_16543516.jpg




f0374868_17383359.jpg

左はガス灯の跡。
こんな極限的デザインの天井には中途半端なデザインの照明器具は付けられないのか・・・電球のまま。


f0374868_16553061.jpg




f0374868_16555389.jpg



f0374868_16561219.jpg




f0374868_16565773.jpg




f0374868_16571240.jpg




f0374868_16572707.jpg

フレンチレストラン・デュボネのランチ。



f0374868_16582357.jpg




f0374868_16584945.jpg




f0374868_16590970.jpg

暖炉もこの時期は奥行が浅く薄いデザイン



1


●通常は平面図の白い部分は見学できませんが、今回は特別に見せて頂きました。 


№317











[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-06-05 12:00 | 愛知県