大津市庁舎

琵琶湖を望む和風のモダニズム

明治31年に市政がひかれ大津市となった。最初の庁舎は小学校の旧校舎を利用した擬洋風の町役場をそのまま使い、次に大正5年には閉店した三井銀行大津支店の洋風建築の旧店舗を無償で借受ての市庁舎であった。やがて大正年間には狭さが問題化し、3代目新市庁舎を建設するにあたり、候補地をめぐって3転、4転したが、昭和40年4月当地への移転が決まった。設計は当時多くの市町役場、区役所を手がけ圧倒的な実績を残していた佐藤武夫に特命された。山と湖が織りなす穏やかな地形と気候風土、江戸時代から栄え、深い歴史を重ねた生活や街並みを表現する大津市庁舎として、はっきり和風建築を連想 する建物。日本古来の木造建物の様子を鉄筋コンクリートで表現してあることが特徴。(洋館ではなく建築時期も昭和の中頃、当ブログのタイトルからは外れるが、建替え案も浮上しており、記憶しておきたい名建築なので取り上げた)

所在地:大津市
建築年:1967年(昭和42)
構  造:鉄筋コンクリート5階建地下1階
設  計:佐藤武夫

f0374868_14580779.jpg


f0374868_14581840.jpg


f0374868_14582584.jpg


天智天皇の水時計の故事にちなんで造られた時計塔。竹の節のように上へ行くほどに節が長くなる。




f0374868_14583453.jpg


f0374868_14584791.jpg


f0374868_14585563.jpg


f0374868_14590450.jpg


f0374868_14591571.jpg


f0374868_14592974.jpg


f0374868_14593903.jpg


用途毎にブロックに分かれた建物回廊でつなぐ。



f0374868_15000095.jpg

館内階段


f0374868_15003358.jpg

自然を積極的に取り込む。 内側に場違いなフェンスが取付られて残念。



f0374868_15004414.jpg


f0374868_15005696.jpg

議場


f0374868_15010884.jpg



f0374868_15013119.jpg



f0374868_15014998.jpg


f0374868_15020960.jpg

4年後に増築された別館 本館と別館の間はあえて繋がず、背後にある弘文天皇陵を見通すために開けて、駐車場としてあった。
歴史的環境を配慮しての計画であったが、現在はこの隙間にも7階建ての新館が建っている。


f0374868_15022245.jpg



f0374868_15024123.jpg



f0374868_15025536.jpg






[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-01-31 12:00 | 滋賀県

深緑のスパニッシュ瓦と上げ下げ窓の洋館歯科医院
大津市の中心部に昭和の洋館がある。現在も奇麗に手入れされて、歯科医院として使用中。正面、左右面は切り妻屋根が見えるが全体はどんな屋根なのかよく見えない。遠目には引違窓かと思ったら近くで注意深く見ると2連づつの上げ下げ窓にシンプルな横桟が入っている。やはり洋館たる由縁は上げ下げ窓だった。2階のバルコニーの床までガラスの扉は折り開き(蛇腹)になる。入口の扉はも木製がちゃんと維持されている。この時期になると、和と洋がきれいに混って、独自のスタイルの洋館といえる。

所在地:大津市中央1
竣工年:1937年(昭和12)
構  造:木造2階建
設  計:
国登録有形文化財

f0374868_20223008.jpg




f0374868_20223848.jpg

向って右に帆船のステンドグラス、その向こうは出窓


f0374868_20225079.jpg




f0374868_20230098.jpg




f0374868_20230900.jpg

持ち送りに洋とも和とも取れる唐草模様が彫ってある。ペンキで見えにくいがわずかに見える。


f0374868_20231713.jpg

上の2枚、このガラスも懐かしい。


[PR]
by gigi-yo-ko | 2015-02-11 12:00 | 滋賀県

古典様式を継承した銀行建築
琵琶湖の西側、高島市のヴォーリズ建築です。この建物は百三十三銀行今津支店として建てられました。昭和8年、八幡銀行との合併により名称が滋賀銀行今津支店となり、昭和53年まで使われました。この後は大改修の上、昭和54年から平成13年まで町立図書館として使用。平成15年4月、ほぼ建設当初の姿に修復されて、ヴォーリズ資料館として活用されるようになりました。装飾が少なく、ルネサンスのような印象ですが、柱は略式のトスカナ柱頭であることから当時の銀行建築らしく古典様式を継承ています。この通りには、同じくヴォーリズの設計による、今津教会、旧今津郵便局があります。

所在地:高島市今津町今津175
建築年:1923年(大正12)
構  造:鉄筋コンクリート造2階建て
設  計:ヴォーリズ建築事務所
国登録有形文化財

f0374868_19045236.jpg



f0374868_19033218.jpg


f0374868_19042609.jpg


f0374868_06403561.jpg





f0374868_09314494.jpg

旧今津郵便局(1934年竣工・1978年迄使用)


f0374868_09320506.jpg

今津教会(1934年竣工)


f0374868_09313686.jpg




43
2011.11撮影











[PR]
by gigi-yo-ko | 2012-08-05 12:00 | 滋賀県

中山道の宿場町に大正モダンの郵便局
中山道61番目の宿場、「居醒の清水」で有名な醒井宿(さめがいしゅく)に昭和48年まで郵便局として使われたヴォーリズの建物があります。1934年に玄関の位置、間取りの変更及び外装のモルタル貼り等の大改修を行い、1999~2000年に保存目的の解体修理を経て、現在は資料館として使われています。元の玄関は何処だったのでしょうか?想像ができません。ご存じの方いらしたら教えてください。滋賀県のホームページによるとネオクラシズムな外観とありますが、この静かな宿場町にずいぶんモダンな郵便局だと思います。

所在地:米原市醒井592
建築年:1915年(大正4)
構  造:木造2階建て
設  計:ヴォーリズ建築事務所
国登録有形文化財

f0374868_18012126.jpg




f0374868_18013457.jpg

右から醒井宿郵便局


f0374868_18014235.jpg




f0374868_18011112.jpg

この右手に屋内電話ボックスがあります(写真に写っていませんが)閉館まぎわで撮れませんでした。   

 


41
2011.10 撮影


[PR]
by gigi-yo-ko | 2012-08-02 12:00 | 滋賀県