人気ブログランキング |

京町ビル

長年四ツ橋筋を見降ろしているような大正末のビル
建物上部のテラコッタの飾り(タイルのような焼き物)と5階のアーチ窓が特徴の堂々とした意匠のテナントビルです。建築当初は4階に清和倶楽部という社交場があり、5階には欧風レストラン「京ビル食堂」があったそうです。今、建替えの真っ最中の旧ダイビル等と同様にテナントビルには社交場の要素が用意されていました。何度となく車で前を走っていたのですが、今回改めて地下鉄で訪れたら、1階が空き家になってしまって少々寂しいです。高い天井を生かした住宅設備のショールームだった時期もあります。

所在地:大阪市西区京町掘り1-7-1
建築年:1926年(大正15)
構  造:鉄筋コンクリート5階建・地下1階(後に6階を増築)
設  計:岡部建築事務所(岡部顕則)


01dscf1340

02dscf1319_3 建物上部を拡大

繊細なデザインが施されています。 アーチの谷にあるユリの花の文様は肉眼では見えません。左の写真わかりますか?

05dscf1338_3 03dscf1335_2
四角い建物では無いので、ひと廻りしてみます。 それぞれに巾が違う壁に窓との位置関係を保ちながらきれいにテラコッタが割り付けてあります。上ばっかり見てこんな所に感心しました。   北側に有った通用口のドア、後でと思っていると写真を撮るのを忘れました。↑

            04dscf1336_2

06dscf1341
       無粋な6階の増築部はなるべく見ないようにします。

10dscf1320_3 07dscf1344_3 08dscf1322_3
             今スケルトンになっている1階内部

09dscf1334







2012.10 撮影1階(後に6階を増築)
設  計:岡部建築事務所(岡部顕則)



by gigi-yo-ko | 2012-10-28 12:00 | 大阪府