人気ブログランキング |

辻徳 (辻徳商店)

ケーキ箱のような洋館
大正のはじめに創業した和紙の会社で、現在は「京都の懐紙専門店」として辻徳の屋号で営業している。ガイドブックなどにも時々登場し、旅行者のお客さんも多いのではと思う。洋館の可愛い店が純和風商品を扱っているので、意外性があり記憶に残るはず。
隣に隙間もなくマンションが建って見えなくなったが左側面も窓と波型(小さい連続アーチ)の装飾があり、本来は左斜め前からが一番のアングルだった。

所在地:京都市下京区堀川通り四条下ル四条堀川町271
建築年:1928年(昭和3)
構  造:
設  計:桝井工務店


f0374868_18061709.jpg




f0374868_18070377.jpg



f0374868_18071907.jpg

ドアがアルミに替わっているのは残念だけど入口廻りのタイルの使い方がおもしろい。
元のドアはどんなのだっただろうと、つい考えてしまう。


f0374868_18082375.jpg




f0374868_18084274.jpg

上げ下げ窓はスチールのサッシなので、おそらく当初からのもの。面格子のモダンな事!



f0374868_18115061.jpg




f0374868_18120122.jpg




f0374868_18121173.jpg

円満字洋介氏の本に雨樋の上部の集水枡が星形と書いてあるので写真を拡大してみた。
壁の模様の星と逆向きで同じ形・・・こんな所まで合わせてある!きっと楽しんで仕事したのだろう。
造った人だけが知る秘密のように。


f0374868_18064620.jpg

右側の車庫に取り付けられた古い表札

懐紙専門店としてからは、「かたばみの紋」を店のマークとしているが、これは江戸時代の辻家の家紋であった。
(辻徳HPより)商品のイメージには花の紋はピッタリする。






by gigi-yo-ko | 2015-10-25 12:00 | 京都府