大津市庁舎

琵琶湖を望む和風のモダニズム

明治31年に市政がひかれ大津市となった。最初の庁舎は小学校の旧校舎を利用した擬洋風の町役場をそのまま使い、次に大正5年には閉店した三井銀行大津支店の洋風建築の旧店舗を無償で借受ての市庁舎であった。やがて大正年間には狭さが問題化し、3代目新市庁舎を建設するにあたり、候補地をめぐって3転、4転したが、昭和40年4月当地への移転が決まった。設計は当時多くの市町役場、区役所を手がけ圧倒的な実績を残していた佐藤武夫に特命された。山と湖が織りなす穏やかな地形と気候風土、江戸時代から栄え、深い歴史を重ねた生活や街並みを表現する大津市庁舎として、はっきり和風建築を連想 する建物。日本古来の木造建物の様子を鉄筋コンクリートで表現してあることが特徴。(洋館ではなく建築時期も昭和の中頃、当ブログのタイトルからは外れるが、建替え案も浮上しており、記憶しておきたい名建築なので取り上げた)

所在地:大津市
建築年:1967年(昭和42)
構  造:鉄筋コンクリート5階建地下1階
設  計:佐藤武夫

f0374868_14580779.jpg


f0374868_14581840.jpg


f0374868_14582584.jpg


天智天皇の水時計の故事にちなんで造られた時計塔。竹の節のように上へ行くほどに節が長くなる。




f0374868_14583453.jpg


f0374868_14584791.jpg


f0374868_14585563.jpg


f0374868_14590450.jpg


f0374868_14591571.jpg


f0374868_14592974.jpg


f0374868_14593903.jpg


用途毎にブロックに分かれた建物回廊でつなぐ。



f0374868_15000095.jpg

館内階段


f0374868_15003358.jpg

自然を積極的に取り込む。 内側に場違いなフェンスが取付られて残念。



f0374868_15004414.jpg


f0374868_15005696.jpg

議場


f0374868_15010884.jpg



f0374868_15013119.jpg



f0374868_15014998.jpg


f0374868_15020960.jpg

4年後に増築された別館 本館と別館の間はあえて繋がず、背後にある弘文天皇陵を見通すために開けて、駐車場としてあった。
歴史的環境を配慮しての計画であったが、現在はこの隙間にも7階建ての新館が建っている。


f0374868_15022245.jpg



f0374868_15024123.jpg



f0374868_15025536.jpg






[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-01-31 12:00 | 滋賀県