仁風閣

文明開化を象徴する洋館の電燈はこんなにも美しい
鳥取城跡に建つフレンチルネサンスの洋館は鳥取藩主池田仲博侯爵の別邸として建てられました。当時の皇太子(のちの大正天皇)の山陰行啓時期にに合わせて8か月の突貫工事で完成され、宿舎として使用されました。
仁風閣には鳥取県下で初めて電灯が灯され、当初英国から輸入されたという、繊細な照明器具が随所に取り付けられて建物の持ち味をさらに引き立ています。
木造の螺旋階段には支柱がありません。中央のねじったように見えるささら板(側板)で支えているそうですが、堅いケヤキゆえ曲げ加工などはできません、掘った厚板を6枚接合してあります。鳥取大震災にも100年を超える歳月にも狂いは出ていません。職人技とはこんなこと?

所在地:鳥取市東町2丁目121番地
建築年:1907年(明治40)
構  造:木造2階建て
設  計:片山東熊(赤坂離宮等を設計) 橋本平蔵  
施  工: 浜田芳蔵
国重要文化財

f0374868_08013351.jpg




f0374868_08015288.jpg

セグメンタルペディメント(櫛型破風)の棟飾りは片山東熊の特徴




f0374868_08021259.jpg




f0374868_08022638.jpg




f0374868_08024848.jpg

この八角尖塔の中が螺旋階段


f0374868_08031233.jpg

スクロール(巻軸)模様の窓台



f0374868_08033856.jpg

ルネサンス様式のクラウン(王冠)を飾りを頂く寄棟瓦屋根 まさに和洋の融合



f0374868_08034872.jpg




f0374868_08040287.jpg




f0374868_08042177.jpg




f0374868_08044474.jpg

仁風閣は皇太子に随行した海軍大将東郷平八郎が命名 階段上は直筆の額


f0374868_08045541.jpg




f0374868_08570313.jpg




f0374868_08051484.jpg

謎の木造螺旋階段・・・図面が見つかっていないそうです


f0374868_08053010.jpg

左下5灯のシャンデリアのみ建築当初から物。あと1灯どこかにあるそうです。他は忠実に復元された照明器具。
まだ作られている!エジソン電球を使用しています。 右下のみタングステン電球(これは今もう手に入らないそうです)。 



f0374868_08055341.jpg

39








[PR]
by gigi-yo-ko | 2012-07-28 12:00 | 鳥取県