人気ブログランキング |

浄土宗 心光寺本堂

これ日本のお寺なんですョ
松屋町筋の西側を急いで歩いていた時に偶然見つけました。4~5歩通り過ぎて「今のは何だった?・・・」と思って戻りました。
大正12年に火災で焼失した本堂の再建にあたり、建築家でもあった当時のご住職は燃えないという事に重きを置いて、鉄筋で建築されました。設計にあたり、檀家さんに見せてもらったインドのタジ・マハル(1983年世界遺産に登録)の写真を参考にされたそうです。内部も板の間でいす式を採用。現在のご住職によると完成当時は「とても評判がわるかった」との事。昭和20年の空襲では、右隣(南)まで燃えて、ここは類焼を免れ、左への延焼も止まったといわれています。シュロの木が建物にあまりにぴったりなので聞いてみたら、後から植えられたのだそうです。
80年以上前にこのお寺が建てられたと思うとびっくりです。微塵も和の要素が顔を出していない所がすごいと思います。

所在地:大阪市天王寺区下寺町1-3-68
建築年:1929年(昭和4)
構  造:鉄筋コンクリート平屋建
設  計:当時の住職

国登録有形文化財

f0374868_11483581.jpg




f0374868_11490984.jpg




f0374868_11494507.jpg




f0374868_12050939.jpg

多弁アーチの中央、花の上に輝石が埋めてあり、夕日にキラキラして美しかった。
いつからか台風で無くなったそうです。すぐ近くが夕陽丘という地名です。


f0374868_11503132.jpg




f0374868_12060735.jpg
右上:本堂の扉には和の建築には無かったガラスが入っています。左下:本堂入口の足元「踏んでもいいのかな」と思ってしまいます。



f0374868_11511710.jpg

山門は江戸時代から続くもので、こちらも有形文化財に登録されています。

天王寺区下寺町1丁目は南北1Km強の細長い地域に約80軒のお寺が並んでいる大阪では唯一、全国的にも珍しいエリアだそうです。この町ができた経緯は、いろんな説がありますが、豊臣秀吉が大阪城の城下町を整備するにあたり各地の寺院を移転させて、防壁代わりにしたともいわれています。


85





by gigi-yo-ko | 2013-01-24 12:00 | 大阪府