奈良県立畝傍(うねび)高等学校

宝型屋根に相隣の塔屋を持つ折衷様式の校舎
明治29年創立の奈良尋常中学校畝傍分校として高市郡八木町に設置された歴史のある学校で、明治32年には旧畝傍中学校と改められ、昭和8年(1933)当地に移転した。この時に建設された北館と南館二棟からなるエの字型の大規模な建物。
本瓦屋根が並んだパラペットに、宝型屋根、相輪を載せ一見寺院のように見えるが、細部を順に見てゆくと整然と並んだ縦長窓、窓下にはタイルが使われ、全体の意匠は洋風建築の基本とも云われる三層構成である。
「洋館に和風の屋根を載せた」帝冠様式と云われるものと似てはいるが、国粋主義や、日本的表現という意識ではなく、和洋を巧みに取り入れた日本風折衷様式といえる。
正面である北館は堂々とした寺院風であり、渡り廊下で繋がれた南館は切り妻屋根を持ち、正面を引き立てるべく、少し控え目な民家風。建築時期がセセッションの流行期であり、設計者・岩崎平太郎は武田五一(セセッションの導入者)の弟子でもあった事からセセッション風の幾何学装飾も上手く使われている。

所在地:橿原市八木町3-13-2
建築年:1933年(昭和8年)
構  造:鉄筋コンクリート造3階建
設  計:奈良県土木営繕課技手 岩崎平太郎(古社寺の修復の仕事に携わっていた事から和の伝統建築に詳しい)
国登録有形文化財(北館、南館、渡り廊下、倉庫)

f0374868_08371418.jpg


f0374868_08372627.jpg


f0374868_08380817.jpg


f0374868_08510399.jpg
奈良は空襲を免れたと一般には云われているが、第二次世界大戦の末期には空襲があり、学徒疎開もあった。この校舎は機銃掃射で銃撃を受け、玄関左上の壁にぽつぽつと模様のように見えるのは弾痕の補修跡。戦後十数年間はその痛々しい痕跡を生徒達に見せていた。
私も奈良と京都は空襲がなかったという一般論を漠然と信じていたので、こうして目の前で弾痕の補修跡を見ると・・・目が覚めるような衝撃だった。(学校で保管されている補修前の写真も見せて頂いた。)


f0374868_08390206.jpg


f0374868_08594692.jpg



f0374868_08431726.jpg



f0374868_08424872.jpg


f0374868_08434308.jpg

後で改修された物であるがアールデコ風の庇。


f0374868_08435507.jpg

明治39年に制定された「校訓」を現在まで引き継がれている。



f0374868_08392662.jpg


f0374868_08393999.jpg
校長室には天皇の御真影と教育勅語を保管していた金庫「奉案庫」が現存する。


f0374868_08400741.jpg

奈良県が実施した公立高校耐震診断では「A1」を取得。廊下を見ると柱が多くていかにも頑丈そう。
「A1」は耐震工事の必要性がないということだが、都度毎に手を入れているそうだ。


f0374868_08403807.jpg
黒板は最初からのものを手入れしながら使っている。廊下の腰壁と意匠が揃えられているが、めずらしい横貼りの腰壁。


f0374868_08410844.jpg


f0374868_08412684.jpg



f0374868_08421336.jpg


f0374868_08415332.jpg
北館の屋上から南館を見る。


f0374868_08552384.jpg
南館の南面。

f0374868_08465527.jpg

飾り窓の内側

f0374868_08471605.jpg
鉄筋校舎と同じ頃に建てられたと思われる木造もやはり和洋折衷様式。



f0374868_08473026.jpg
1986年(昭和61)に復元新築された資料庫。元は校舎の東側にあった大正5年の御大典(即位の礼)記念図書閲覧室。
現在は校舎の西側。


f0374868_09213150.jpg











[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-08-14 12:00 | 奈良県