畝傍駅(うねびえき)貴賓室

JR桜井線畝傍(うねび)駅は橿原神宮の最寄駅
初代天皇とされる神武天皇を祀る橿原神宮の最寄駅が畝傍駅であった。
かつては皇族方はこの駅でお召列車を降り、一時休憩されて車で参拝に向かわれたので、専用の貴賓室が設けらた。
この辺りの民家である大和棟といわれる屋根の面影を残した木造の駅舎の右側には専用の玄関があり、内部はほとんど当時のまま残されている。外観は和風の造りであるが、やはり皇室関係は洋風が意識された和洋折衷の内装になっている。近年は近鉄電車を使われるようになり、皇族の来訪が無くなり久しい今は無人駅で1日の乗車数400人程でひっそりとしている。普段この貴賓室は閉鎖されているが、年一回の一般公開がある。(貴賓室が造られた駅は全国でも20カ所程で稀少な駅の一つであった)

所在地:奈良市八木町
建築年:1940年(昭和15)
構  造:木造平屋建
設  計:

f0374868_05441154.jpg

左側が一般向けの駅舎、改修時に変ったようだが、勾配の違う二段の屋根に大和棟の面影が残る。右側は貴賓室。


f0374868_05442570.jpg

両側へ引き分けて広い開口を持つ専用の玄関。


f0374868_05445733.jpg

貴賓室は全体で100㎡程の広さがあり、玄関を入ると広い廊下があり、一番奥にホームへの出口があった。
右側に控えの間と洗面所、トイレそして一番奥が30㎡程の主室。この写真は廊下の天井。


f0374868_05444284.jpg

廊下の壁:和の造りではあるが、腰壁、ドアなど洋風を取り入れてある。


f0374868_05451726.jpg

控え室の天井:壁面の写真がないのは掲示物が多くて撮れなかった。


f0374868_05453806.jpg
ゆっくり休憩される雰囲気の設えではないように見えるが、応接セットがあればまた違うのかなと思う。


f0374868_05455492.jpg
曲線を用いた折り上げ格天井に格式を感じる。元からあったシャンデリアは交通科学博物館に保管され、
応接セットは神戸駅に保管されているらしい。


f0374868_05460958.jpg



f0374868_05462944.jpg
現在塞がれているが、貴賓室の廊下からホームへの出口であった。正面に専用の階段がある。


f0374868_05464479.jpg



f0374868_05470673.jpg



f0374868_05472417.jpg



f0374868_05474271.jpg
おそらく同じ頃の手摺りではないかと思う。アールデコ風のお洒落なデザイン。
今なお木造の駅舎と云う事で鉄道マニアにもよく知られているらしい。





[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-08-21 12:00 | 奈良県