大井牛肉店 [明治村]

神戸の牛肉店が明治村で営業中
横浜、長崎についで、1867年(慶応3)神戸が開港した。外国人居留地には外国人向けの住宅が次々と建てられ、外国人相手の商売が興った。入港する外国船や神戸に暮らす外国人に牛肉を納める者達も出てきた。その一人岸田伊之助が牛肉の販売と牛鍋の店として建てた店舗。
外国人の商館が建ち並ぶ新しい街ふさわしい洋風の建物で、ギリシャ・ローマ建築様式のコリント式の柱、2階ベランダにはルネサンス期に流行したとっくり型手摺子、半円アーチ窓などが西洋館らしい華やかさを演出している。が・・・玄関の庇は和風でむくり破風、今にも飛び立ちそうな鶴が飾られているのがほほえましい。工法も従来からの和式の技法で建てられている。
これまで日本では、獣の肉は嫌われていたが、牛肉を食べることは、文明開化時代の食生活として、またたくまに全国にひろがったといわれる。(大井牛肉店は神戸元町本店をはじめ数店舗で現在も営業されている。)以上は博物館明治村HPなどを参考

所在地:犬山市内山1番地博物館明治村1丁目1番地2  (旧所在地:神戸市生田区元町7丁目20番地)
建築年:1887年(明治20)頃
構  造:木造2階建
設  計:

f0374868_16271148.jpg


f0374868_16273041.jpg
どう見ても柱が短くてバランスが悪い。 牛鍋の箸袋の解説には、外国人の商館をかたどった洋風建築と書いてあるが、同じ頃の建築でやはり神戸の外国人商館をモデルに建てられたという辰馬喜十郎邸(西宮市に現存)とどことは無く似ている。


f0374868_16274259.jpg


f0374868_16280079.jpg


f0374868_16282009.jpg


f0374868_16283652.jpg


f0374868_16285095.jpg

最近見た事がないほどの急勾配の階段を上がると、2階に板張りの洋間が4つあり、ここで牛鍋(すき焼き)をいただく。


f0374868_16291524.jpg


f0374868_16292541.jpg

洋間ではあるが、もちろん椅子ではなく座布団を敷いて床に座って。
・・・これがおいしい!・・・

f0374868_16294255.jpg



[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-06-12 12:00 | 兵庫県