倉敷市歴史民俗資料館 (旧倉敷幼稚園)

桜の紋章の幼稚園
大正4年10月竣工から昭和51年8月に解体されるまで、60年余り倉敷幼稚園の園舎として使用されました。解体にあたり、保存を望む声が強く、昭和56年3月31日に倉敷市庁舎の東に移築復元され、資料館として再出発しました。
八角形の遊戯室は内部に柱を使わずに広い空間を実現しており、現存するものでは全国唯一の建築様式との事。どの様にしてこの広い天井を支えているのか、もう少し詳しく知りたいものです。ご存じの方お教えください。
今日4月14日は花吹雪です。

所在地:倉敷市西中新田659
建築年:1915年(大正4) 1981年(昭和56)移築
構  造:木造平屋建て
設  計:
国登録有形文化財


f0374868_17495062.jpg


f0374868_17500288.jpg


f0374868_17501467.jpg
棟瓦に巾着が乗っています。これには園児達のご褒美が入っていたのでしょうか。楽しいですね。




f0374868_17503237.jpg
f0374868_17511183.jpg


f0374868_17512869.jpg


f0374868_17514433.jpg


f0374868_17521977.jpg


f0374868_17523556.jpg


f0374868_17525196.jpg

元は遊戯室だった部屋の八弁花模様の天井・・・ピアノが大きく写って広さを錯覚しますが、この部屋は134㎡もあります。
この広い部屋に全く柱はありません。
大きさが分かりにくいですがこれは小型ピアノです。定期的に演奏もされているそうです




f0374868_17531334.jpg



f0374868_18153704.jpg



f0374868_17532938.jpg

丸型ポストは明治34年弐はじめて登場。このポストは昭和60年まで前神西に設置されていたものなので建物と同世代です。


№15
































[PR]
by gigi-yo-ko | 2012-04-19 12:00 | 岡山県