林源十郎商店

元は薬屋の社屋、これからは観光地の新名所
3月18日倉敷の美観地区の近くにショップ・カフェ・レストラン・ミュージアムなど十数店が入る複合施設がオープンしました。
この建物は350年もの歴史がある薬屋(現在の社名は株式会社エバルス)の社屋として、11代目の当主が建てたものです。今回修復して用途変更をしました。建築当時木造3階建てはとても珍しく倉敷のランドマークだったそうです。
タイルを貼つた外観は和洋折衷のデザインですが、窓は「折り開き窓」で日本の建物には珍しい洋窓です。内部には商店時代から使われた家具・道具などもあり、昭和初期の空気が残されています。

所在地:倉敷市阿智2-23-10
建築年:1934年(昭和9)
構  造:木造3階建
設  計:


f0374868_14362271.jpg


f0374868_14363675.jpg


f0374868_14364924.jpg


f0374868_14370426.jpg

薬を作る人のディスプレイ



f0374868_14374080.jpg

展示室には薬の保管用の引き出し



№14 2012/4 撮影


[PR]
by gigi-yo-ko | 2012-04-10 12:00 | 岡山県