柳原銀行記念資料館 (旧柳原銀行)

被差別部落の住民らによって設立された日本で唯一の銀行
明治期の銀行建築の様式をよく表しているこの建物は柳原町(崇仁すうじん地域)の村長明石民蔵ら地元有志によって明治32年に設立された柳原銀行の店舗として建られた。
差別のため資金を得られなかった皮革業者等に融資を行い産業の育成、発展に大きく貢献したほか、その利子を地元の小学校の運営資金や道路建設資金に充てるなど自力で差別撤廃を進める模範となった。
大正期には山城銀行と改称して業績を伸ばしたが、金融恐慌などの影響を受け昭和2年に倒産した。その後建物は借家、商店などに使われたが、昭和61年国道24号線拡幅工事のため取壊し案が持ち上がった。これを契機にまちづくりのシンボルとしてこの建物を保存しようという運動が盛り上がり、元の場所のすぐ近く(斜め向い)に移築復元さた。保存の為の解体調査により建築年や設計密度の高い貴重な明治期の洋風木造建物であることが判明した。なお京都に現存する銀行建築では旧日本銀行京都支店(現在・京都文化博物館)に次いで2番目に古い。しかも1年しか違わない。

所在地:京都市下京区下之町6-3
建築年:1907年(明治40)
構  造:木造2階建
設  計:吉川吉之助
京都市登録有形文化財


f0374868_09362481.jpg



f0374868_09363830.jpg



f0374868_09365334.jpg



f0374868_09370476.jpg



f0374868_09371627.jpg
1階右側は後年金庫室として増築。



f0374868_09373012.jpg





f0374868_09390223.jpg



f0374868_09394715.jpg
1階の天井:透かし彫りの入った六角形の豪華な格天井は創建時の様子をとどめている。照明器具は同時期の銀行を参考に復元。


f0374868_09410551.jpg



f0374868_09412960.jpg
移築前、カウンターは既になくなっていたが銀行の営業室として使われていた竣工当時の姿に復元された。


f0374868_09425131.jpg
一階部分の階段は改築されていたが、二階部分を参考に復元。


f0374868_09423378.jpg



f0374868_09440413.jpg



f0374868_09442567.jpg

二階の天井も素晴らしい。

f0374868_09445695.jpg
移築の為の解体工事で見つかった棟札。


f0374868_09451797.jpg
外壁に弁柄を塗っていた時期もある。


f0374868_09453521.jpg
ドンツキの右側がかつての銀行。電車道の良い場所に建っていた。
この写真は外壁の色が違うようだが解体調査の当初の色が判明したのでこの色で復元。


№334










[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-10-23 12:00 | 京都府