MAR court(旧家邊徳時計店・やべとくとけいてん)

京都で現存最古の洋風商店建築
近代建築が多く残る三条通にこの中でも古い煉瓦の建物がある。明治の中期に時計店として建てられたハイカラな建物。設計者は解っていないが日本人大工が洋風建物を見よう見まねで工夫して造ったようだ。木造の骨組みに煉瓦や石を貼りつけた造り方で仕上げられている。
現在は衣料品のショップとして使われているが、外観は時計店と云う事で重厚感・・・最初は中央に一段高く時計塔があったと聞く。
店内に入ってみると100年以上経過しているのに、内部が殆どそのまま残っている事に驚いた。右手に大きい金庫室、左側の店内中央には二方向から上がる華麗な木製の螺旋階段。階段が美しいので店内の装飾物のようなの役目も担っている。この階段は恐れ多くも使って良いそうで、そろりそろりと2階の売り場へ上がる。1階2階の天井と壁の境目の装飾も、階段踊り場のカーテンボックスもたぶん建った頃のままで今、ショップとして使われている。何度も店子は変っているが、オーナーの考えがしっかり貫かれているからだと思う。

所在地:京都市中京区三条通富小路東入中之町23
建築年:1890年(明治23)
構 造:木骨煉瓦造
設 計:不詳
国登録有形文化財
京都市民が選ぶ文化財(第1号)

f0374868_10084193.jpg
見ていてなぜか落ち着かないと思ったら中央のアーチを支える柱が無い。洋風建築のアーチは根元を柱で支えてあるのが普通。
ここではアーチの下は曲面のガラス、ショウウインドウがあるのみ。和式工法の梁でこの大開口を支えてあるのかな~。


f0374868_10085566.jpg



f0374868_10092585.jpg



f0374868_10094828.jpg




f0374868_10210982.jpg



f0374868_10212644.jpg




f0374868_10055442.jpg



f0374868_10061287.jpg



f0374868_10062576.jpg




f0374868_10063955.jpg

これはガラスウインドウのカーブ部分の桟の頭(柱頭)



f0374868_10070776.jpg




f0374868_10072353.jpg

右奥の金庫室の扉には全体に絵が描かれていて閉じると一つの絵画のようになる。


f0374868_10074400.jpg

外が暗くなると店内が美しく浮かびあがる。ステンドグラスも透かし彫りの欄間も昼間より数段映え、店は生き返ったよう。






[PR]
by gigi-yo-ko | 2016-11-13 12:00 | 京都府